• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

冬本番 家でも外出先でも摂りたいカラダを温める食材

 北日本や北陸に襲いかかった先週の大寒波以降、冬は本番を迎えた。東京もグッと冷え込んだが、こんな季節には根菜類を積極的に食べるといい。

「ダイコンやカブ、レンコンやゴボウは体を温めます。昔から寒い時季には寒い季節のモノを食べろといわれる通りですね。ショウガやニンニク、トウガラシを使った料理もオススメですが、こちらは発汗作用があるものの体が温まった後に冷えやすい。汗が出た後は冷えないように注意してください」(管理栄養士・検見崎聡美氏)

 肉、魚、豆腐なども欠かせない。タンパク質は体内で代謝されるときに熱を出して体を温めるからだ。つまり、外食が多いサラリーマンは、ランチのときはとん汁やけんちん汁などを選ぶのがベター。旬の大根を使ったおでんやブリ大根も悪くはないだろう。

「その通り。この季節は炒め物より、煮物、蒸し物、鍋を選ぶのが鉄則。晩酌時は湯豆腐やタラちりもいい。ランチで手っ取り早く体を温めたいときは、煮込みうどんや鍋焼きうどんもいいでしょう」(検見崎聡美氏)

 ドンブリ物やチャーハンだけの食生活は改善しよう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る