未年だから食べたい! 「羊肉料理」専門家オススメの12店

公開日: 更新日:

 近年、都内でも増えている羊肉の店。羊肉といえば「ジンギスカン」が有名だが、「ハンバーグ」や「茹で羊肉」などメニューの幅も広がっている。特に、生後1年未満のラム肉人気は急上昇だとか。

「羊肉は独特の香りから年配の方に敬遠されがちですが、それは以前、質の悪い冷凍肉しか輸入されていない時代に、適当な料理法で食べたものがトラウマになっているから。現在、生でも食べられるぐらい質の良いチルドラムが輸入されています。数は少ないですが、国内での生産頭数も確実に増えています」

 こう話すのは、「東京ラムストーリー」(実業之日本社)の著者のひとりで、羊齧協会の菊池一弘主席。菊池氏のイチオシは、今年10月に開店した御茶ノ水の「羊肉酒場」だ。

「平日は仕事帰りのサラリーマンで賑わうお店です。お通しから羊肉が出てくる気合の入れようで、その名のとおり、羊肉を使った料理の種類が多く、串焼き、串揚げ、煮物など好みに合わせて選択が可能です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る