• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

未年だから食べたい! 「羊肉料理」専門家オススメの12店

 近年、都内でも増えている羊肉の店。羊肉といえば「ジンギスカン」が有名だが、「ハンバーグ」や「茹で羊肉」などメニューの幅も広がっている。特に、生後1年未満のラム肉人気は急上昇だとか。

「羊肉は独特の香りから年配の方に敬遠されがちですが、それは以前、質の悪い冷凍肉しか輸入されていない時代に、適当な料理法で食べたものがトラウマになっているから。現在、生でも食べられるぐらい質の良いチルドラムが輸入されています。数は少ないですが、国内での生産頭数も確実に増えています」

 こう話すのは、「東京ラムストーリー」(実業之日本社)の著者のひとりで、羊齧協会の菊池一弘主席。菊池氏のイチオシは、今年10月に開店した御茶ノ水の「羊肉酒場」だ。

「平日は仕事帰りのサラリーマンで賑わうお店です。お通しから羊肉が出てくる気合の入れようで、その名のとおり、羊肉を使った料理の種類が多く、串焼き、串揚げ、煮物など好みに合わせて選択が可能です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

もっと見る