海鮮だけじゃない うまい築地裏グルメ厳選11店

公開日: 更新日:

 年越しにごちそうを用意しようと、東京の台所・築地に繰り出す人も多いはず。せっかく足を延ばすのなら、築地グルメを堪能して帰ろう。定番の寿司と刺し身ではない裏グルメだ。

■鳥藤場内店「シンガポールチキンライス」
 場内店でのみ食べられる。スープで炊いたライスは、鶏の旨味をたっぷり含み、茹で鶏はぷりっぷりっ。上質な鶏ハムのような軟らかさで、なるほど100年以上の歴史を持つ鶏肉卸専門業者だ。950円。8号館。

■小田保「ふぐカツ丼」
 揚げたフグを卵でとじた丼。衣はサクサク、白身はほっこりとしていて、揚げ具合が絶妙。淡泊な白身に甘辛い割り下の風味が加わり、かむほどに優しい味が口いっぱいに広がる。みそ汁付きで1200円。6号館。

■やじ満「カキらーめん」
 大ぶりの牡蠣4個は、ソテーされていて、旨味がギュッと詰まっている。塩味のスープにも牡蠣エキスがたっぷりで、細めの麺との相性も抜群だ。ニラやキクラゲなどの野菜の食感もいい。バター(50円)をプラスするとよりまろやかに。1200円。8号館。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  8. 8

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る