• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

出現モンスター・スチューデント 大学も手を焼く悪態とは

 603校、209万5000人――。最新の学校基本調査(2014年)によると、日本の私立大学の数と学生数はかくも多い。その学内でいま新たな問題が起きつつある。授業態度が悪く、注意したり低い成績を付けられると凶暴なクレーマーと化すモンスター・スチューデントの出現だ。

 大学アナリストの斎藤健一郎氏が言う。

「授業中のおしゃべりやスマホのゲームなどは日常茶飯事。無断欠席も平気。注意されると異常に反応し、教員や学校に対し攻撃的になる。執拗なクレーマーになってしまう学生もいます。彼らは“モンスター・スチューデント”と呼ばれ、特に定員割れの大学によくみられます。人数を埋めるために、あえて学力の低い学生を入学させているからです。ただ、日東駒専クラスの中位校や六大学の一部でも出現していると聞きます。中には責任を教師に押し付け、教員を退任に追い込もうとする驚愕行動をとる学生も。大学は経営上の理由などから公にしませんが、モンスターたちの存在は、全国で耳にするだけに深刻な問題です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  7. 7

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  8. 8

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  9. 9

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  10. 10

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

もっと見る