学費安い都立狙いで教育費増 矛盾する日本の「受験地獄」

公開日: 更新日:

 お受験を勝ち抜いた芸能人ファミリーの晴れやかな姿が、週刊誌などで報じられている。新入学シーズン恒例の芸能ネタだが、カネもコネもないサラリーマン家庭は、子供を高校に進学させるのにも苦労している。

「娘が高校受験のとき、中学の担任との三者面談で受験対策について聞いたら、『学校は進路指導はやるけれど受験対策はやらないので』って言われて……。志望校にどうすれば受かるのかというのは、進学塾じゃないと細かく指導してくれない。おかげで塾代が大変だったよ」

 高校生の娘を持つ男性はこうボヤいた。塾にかかった費用は、夏期・冬期講習で約8万円。加えて模試代が4回で約2万円と、「家庭教師に月1万5000円で見てもらっていました。それでも周りに比べたら安かった。他の家庭は塾代に月3万~4万円かけていたって」。

 これは都立高校を志望する受験生の話である。受験対策をきちんとしようと思ったら、総額で年間20万~50万円ほどかかるのが相場だという。文科省の2015年調査でも、学校外の補助学習費(塾や家庭教師など)の平均は、公立の中3で年間37万9577円となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  8. 8

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る