• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

学費安い都立狙いで教育費増 矛盾する日本の「受験地獄」

 お受験を勝ち抜いた芸能人ファミリーの晴れやかな姿が、週刊誌などで報じられている。新入学シーズン恒例の芸能ネタだが、カネもコネもないサラリーマン家庭は、子供を高校に進学させるのにも苦労している。

「娘が高校受験のとき、中学の担任との三者面談で受験対策について聞いたら、『学校は進路指導はやるけれど受験対策はやらないので』って言われて……。志望校にどうすれば受かるのかというのは、進学塾じゃないと細かく指導してくれない。おかげで塾代が大変だったよ」

 高校生の娘を持つ男性はこうボヤいた。塾にかかった費用は、夏期・冬期講習で約8万円。加えて模試代が4回で約2万円と、「家庭教師に月1万5000円で見てもらっていました。それでも周りに比べたら安かった。他の家庭は塾代に月3万~4万円かけていたって」。

 これは都立高校を志望する受験生の話である。受験対策をきちんとしようと思ったら、総額で年間20万~50万円ほどかかるのが相場だという。文科省の2015年調査でも、学校外の補助学習費(塾や家庭教師など)の平均は、公立の中3で年間37万9577円となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  5. 5

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  8. 8

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る