就活戦線“異状あり” 解禁前に学生の3人に1人が「内定持ち」

公開日:  更新日:

 例年より4カ月後ろ倒しした2016年卒の学生の就活。8月1日の選考解禁前ながら、今月1日時点で、内定率は35.1%に上る(16年3月卒、全国の大学生対象。就職支援会社ディスコ調査)という。すでに3分の1以上の学生が、内定を持っているのだ。今年の就職戦線はどうなっているのか――。

 3年ほど前から売り手市場。学生優位になったこともあり、内定者の73.8%は就活を続行し、「内定企業よりも大きい企業」を目指しているそうだ。一方、企業側は“新ルールに不満”を募らせている。

「新ルールによって、経団連の加盟企業とITや外資系企業などで、就活開始時期の明確な2極化が起こりました。企業側は、採用数が読めないと焦りを見せています。実際、取材の感触的には内定率50%を超えていてもおかしくありません。さほど偏差値の高くない大学の学生でも、内定保持者は珍しくない。企業は内定を出しても辞退されては困るため、『他社をすべて断らないと内定は出せない』と迫るなど“オワハラ(就活終われハラスメント)”を強めています。経団連企業が、“解禁する”8月1~3日は、各社が相次いで内定者を拘束するでしょう」(「300円就活」の著者で大学ジャーナリストの石渡嶺司氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る