就活戦線“異状あり” 解禁前に学生の3人に1人が「内定持ち」

公開日: 更新日:

 例年より4カ月後ろ倒しした2016年卒の学生の就活。8月1日の選考解禁前ながら、今月1日時点で、内定率は35.1%に上る(16年3月卒、全国の大学生対象。就職支援会社ディスコ調査)という。すでに3分の1以上の学生が、内定を持っているのだ。今年の就職戦線はどうなっているのか――。

 3年ほど前から売り手市場。学生優位になったこともあり、内定者の73.8%は就活を続行し、「内定企業よりも大きい企業」を目指しているそうだ。一方、企業側は“新ルールに不満”を募らせている。

「新ルールによって、経団連の加盟企業とITや外資系企業などで、就活開始時期の明確な2極化が起こりました。企業側は、採用数が読めないと焦りを見せています。実際、取材の感触的には内定率50%を超えていてもおかしくありません。さほど偏差値の高くない大学の学生でも、内定保持者は珍しくない。企業は内定を出しても辞退されては困るため、『他社をすべて断らないと内定は出せない』と迫るなど“オワハラ(就活終われハラスメント)”を強めています。経団連企業が、“解禁する”8月1~3日は、各社が相次いで内定者を拘束するでしょう」(「300円就活」の著者で大学ジャーナリストの石渡嶺司氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  4. 4

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  5. 5

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  6. 6

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  9. 9

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  10. 10

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

もっと見る