国立大学は定員大幅減…加速する“文学部離れ”何が悪い?

公開日: 更新日:

 84年の歴史を誇る岩波書店の文芸誌「文学」が今年11月をもって幕を閉じる。日本人の文学離れを象徴する出来事だが、教育界においても文化系学部は「何の役に立つの?」と疎外される方向にある。国立大学で定員を減らされる一方の文学部は、本当に世の中の役に立たないのか。

 19世紀に発表されたアンデルセンの「みにくいアヒルの子」。他と姿かたちが違うことでいじめを受けるひなが、実は白鳥だったというお話だ。このアヒルを障害者や人種に置き換えれば差別の醜さを学ぶことができる。

 また、子どもたちがネズミ駆除後に大量失踪するグリム兄弟の「ハーメルンの笛吹き男」。これを読めば、当時ヨーロッパ中を恐怖に陥れた黒死病(ペスト)の歴史もわかってくる。

 童話でさえ、人生を示唆する内容は多い。ところが、国は全国の国立大学に対し、教育免許の取得を目的としないリベラルアーツ系の学部の廃止や転換を求めている。技術で食っていく日本にはそぐわない学問とでも言いたいらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    リンパマッサージを口実に女性の体をもてあそんだ悪徳カウンセラーの“卑劣な手口”

    リンパマッサージを口実に女性の体をもてあそんだ悪徳カウンセラーの“卑劣な手口”

  2. 2
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  3. 3
    <76>早貴被告が「2億円をもらえれば東京に帰ります」「喪主?何ですか?」

    <76>早貴被告が「2億円をもらえれば東京に帰ります」「喪主?何ですか?」

  4. 4
    体操女子エース候補・畠田瞳が大ケガ離脱…村上茉愛やめるにやめられない?

    体操女子エース候補・畠田瞳が大ケガ離脱…村上茉愛やめるにやめられない?

  5. 5
    異色バラエティー「博士ちゃん」人気を後押しした“愛菜ちゃん×福くん”3年ぶり共演

    異色バラエティー「博士ちゃん」人気を後押しした“愛菜ちゃん×福くん”3年ぶり共演

もっと見る

  1. 6
    V逸巨人の投壊現象は首脳陣と投手陣のコミュニケーション不足が招いた

    V逸巨人の投壊現象は首脳陣と投手陣のコミュニケーション不足が招いた

  2. 7
    子象を救うため親象が巨大ワニを踏み潰す! ザンビアでデンマーク人が衝撃の目撃

    子象を救うため親象が巨大ワニを踏み潰す! ザンビアでデンマーク人が衝撃の目撃

  3. 8
    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

  4. 9
    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  5. 10
    関西臭プンプン漂う朝のローカル番組をチェックした!

    関西臭プンプン漂う朝のローカル番組をチェックした!