ハイヤー通学、授業は最前列…萩本欽一のキャンパスライフ

公開日:  更新日:

 駒沢大学仏教学部の社会人入試に合格し、4月から大学生となった欽ちゃんことタレントの萩本欽一(74)。学生身分とはいえ、仕事は仕事というわけなのか、6日放送の仏教バラエティー番組「お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺」(テレビ朝日系)に出演していた。番組では「英単語は日本語との語呂合わせと単語を芸能人に置き換えて覚える」など独自勉強法を公開。

「例えば、『礼儀正しい』という意味のpoliteという単語を、『礼儀正しい吉永小百合』とノートに書き留めるなど、自らの経験に基づいた独自のメモといった具合です。一般の受験生にはぜんぜん参考にならなかったが、なぜか、受験の専門家は絶賛していたのが意味不明でしたね」(テレビ関係者)

 入学後は週刊文春で学生生活をつづるコラムを執筆。イマドキの学生と一緒に学食を食べたり、仕送りやアルバイト事情を聴いて、うなずいたり考え込んだり。文章からは欽ちゃん流の学生ライフが垣間見えるが、先日、別の週刊誌が報じたところによると、欽ちゃんは毎回ハイヤーで自宅から通学。マネジャー2人付きで、ゴルフの授業にはマイクラブ持参で参加。ダントツのスコアだったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る