達人が伝授する 「5年で1000万円」貯めるための4つの法則

公開日:  更新日:

「お金は使わなければ貯まります。この当たり前のことが実践できていない人が多いのです」。こう指摘するのは、消費経済ジャーナリストの松崎のり子氏。5年で1000万円を貯めた“達人”だ。お金を貯められない人と貯められる人にはそれぞれ共通点がある。

 まず、貯められない人は総じて他力本願。現実を見ていないので、本人は節約しているつもりが、無意識に浪費。

 次に、貯められる人はお金の物差しを持っている。本当に必要か、金額は適正か、売り手のセールストークに流されず判断できる。

「これまで」の自分とオサラバし、今後1000万円を貯めるには何から始めればいいのか?

①「使える額」を知る  

 松崎さんは初任給手取り13万5000円からスタートした20代、「30歳までに1000万円貯蓄」という目標を立てた。とはいえ、OLのひとり暮らし。バブルの残り香がある時代だったが、使える金額は、家賃を除くと月7万円程度。まずは「使える額」を決めなければならなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る