消費税や円高で利ざや ヤクザの“錬金術”はマネできるのか

公開日: 更新日:

 今月、重さ約110キロ、5億円相当の金をマカオから密輸しようとした暴力団員が捕まった。プライベートジェット機で那覇空港に持ち込む計画だったという。日本でも買える金をわざわざ海外から持ち込もうとしたのは、消費税の支払いを免れ、8%分の利ざやを稼げるからだ。

「金の値段は世界どこで買っても同じ。非課税が主流です。ところが、日本やインドなど一部の国は売買の際に消費税がかかる。香港やシンガポールで金を買い、日本で売ると、店は消費税8%分を上乗せして買い上げてくれます。暴力団はこの仕組みを利用しているのです」(捜査関係者)

 5億円分の金を密輸し、国内で売れば4000万円ぐらい儲かる計算だ。

 2014年4月に消費税が5%から8%に引き上げられたことで“うまみ”が増したという。それもあってか、摘発件数は過去最高ペースとなっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  8. 8

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

もっと見る