消費税や円高で利ざや ヤクザの“錬金術”はマネできるのか

公開日: 更新日:

 今月、重さ約110キロ、5億円相当の金をマカオから密輸しようとした暴力団員が捕まった。プライベートジェット機で那覇空港に持ち込む計画だったという。日本でも買える金をわざわざ海外から持ち込もうとしたのは、消費税の支払いを免れ、8%分の利ざやを稼げるからだ。

「金の値段は世界どこで買っても同じ。非課税が主流です。ところが、日本やインドなど一部の国は売買の際に消費税がかかる。香港やシンガポールで金を買い、日本で売ると、店は消費税8%分を上乗せして買い上げてくれます。暴力団はこの仕組みを利用しているのです」(捜査関係者)

 5億円分の金を密輸し、国内で売れば4000万円ぐらい儲かる計算だ。

 2014年4月に消費税が5%から8%に引き上げられたことで“うまみ”が増したという。それもあってか、摘発件数は過去最高ペースとなっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  4. 4

    だから宮迫博之は嫌われる ボートレース広告ギャラで悶着

  5. 5

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  6. 6

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  7. 7

    1万ドル拾った米国男性が落とし主から受け取った謝礼は…

  8. 8

    G丸が補欠危機 熾烈な外野手争いと打率低迷で安泰にあらず

  9. 9

    二階発言が口火になるか…外堀が埋まりつつある“五輪中止”

  10. 10

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

もっと見る