前泊不要で旅費3割減 LCCビジネスで行く海外出張の利点

公開日: 更新日:

 LCC(ロー・コスト・キャリアー)というと、機内サービスの廃止・縮小や設備の簡素化、ネット予約中止などの徹底したコスト削減で、航空大手より格安の料金が売り。格安のレジャーに使われるイメージがあったが、最近は違うらしい。

 旅行作家の下川裕治氏は「海外出張にLCCを利用する人が増えている印象がある」とした上で、こう言う。

「世界各地に就航するLCCが増え、早朝便や深夜便が充実。国内での仕事から出張に向かう時間的なロスを少なくしたい人には、使い勝手がいいのです。競争激化でサービス力を向上させる会社も出てきて、大手との差が縮まっているのもポイント。座席の狭さは、ビジネスを選べば大手のエコノミーよりはるかに快適。そんな要素が重なって、LCCビジネスでの出張が注目されているのです」

 商社マンは月1、2回、東南アジアや中国に出張する。あるとき、予定していた大手便に乗り遅れ、やむを得ずLCCに切り替えたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  7. 7

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  8. 8

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  9. 9

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  10. 10

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

もっと見る