初芝清さん<1>やっとラクに…東芝府中は月給10万円だった

公開日: 更新日:

 社会人野球の東芝府中を経て、1988年のドラフトロッテに4位で入団しました。

 東芝府中野球部は99年に解散してしまいましたが、東芝は川崎にも野球部を持っていて、僕ら府中の人間はあちらさんを「本社」と呼び、こちらは少し劣等感のある雑草軍団と思っていました。

 ロッテ入団もすんなりと決まったわけではありません。僕は入社3年目。その間、東芝府中としては都市対抗本戦への出場を逃し続けていましたので、4番打者の僕が抜けるのは痛かったのでしょう。ドラフト前に監督から3つの条件を突き付けられていました。

 それは「関東の球団、ドラフト3位以上、そしてロッテ以外……」。

 この条件で言えば、関東の球団しか当てはまっていません。東芝府中のロッテ選手と言えば落合博満さんがいますが、僕の前にも2人の先輩が入団していて、ちょっと不遇をかこっていた。プロの世界は実力が全てですが、監督としては、そんな面倒見の悪い球団には入れたくないというのが本音でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

  10. 10

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る