武田双雲さん<1>東京理科大卒業後にNTTへ入社  

公開日:

 正座で半紙に向き合う「静」もあれば、畳10枚以上の大きな布を相手にパフォーマンスを見せる「動」もある。IT全盛の現代にあって、自ら筆をとる書道の魅力は捨てたもんじゃない。武田双雲さんは、この道の第一人者として知られる。普段は神奈川県江の島にある教室で、小学生から70歳まで約300人の生徒に書道を教える。だが、社会人生活のスタートは、NTTの営業マンだった――。

「NTTへの入社は平成10年。同期はグループ全体で3000人弱いたんじゃないかな。入社式で、当時の社長が新入社員全員を前に『これからは、君たちがこの会社を変えてくれ!』と言った言葉がいまでも耳に残っています。

 あの年は就職難で文系の人たちはエライ苦労をしたはず。だけど、ボクは理系で研究室の教授推薦をもらっていたので、ほとんど就職活動もしないままスンナリ入社が決まったんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る