武田双雲さん<1>東京理科大卒業後にNTTへ入社  

公開日: 更新日:

 正座で半紙に向き合う「静」もあれば、畳10枚以上の大きな布を相手にパフォーマンスを見せる「動」もある。IT全盛の現代にあって、自ら筆をとる書道の魅力は捨てたもんじゃない。武田双雲さんは、この道の第一人者として知られる。普段は神奈川県江の島にある教室で、小学生から70歳まで約300人の生徒に書道を教える。だが、社会人生活のスタートは、NTTの営業マンだった――。

「NTTへの入社は平成10年。同期はグループ全体で3000人弱いたんじゃないかな。入社式で、当時の社長が新入社員全員を前に『これからは、君たちがこの会社を変えてくれ!』と言った言葉がいまでも耳に残っています。

 あの年は就職難で文系の人たちはエライ苦労をしたはず。だけど、ボクは理系で研究室の教授推薦をもらっていたので、ほとんど就職活動もしないままスンナリ入社が決まったんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  6. 6

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  7. 7

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  8. 8

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

  9. 9

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  10. 10

    美女ドライバーを違反切符で口説こうとした警察官は誰だ?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る