小川直也さん<1> 明大卒業後JRAへ 配属先は競馬場の警備

公開日:

 高校時代から柔道を始め、世界王者に4度、1992年バルセロナ五輪では銀メダルを獲得した。97年にプロの格闘家として新日本プロレスのリングに立ち、以降もプロレスや総合格闘技の世界で活躍しているが、プロ転向直前までは日本中央競馬会(JRA)の職員だった。

 明治大学1年生のときに全日本学生柔道選手権、翌87年に世界選手権で史上最年少王者となり、89年の世界選手権では95キロ超級と無差別級の2階級を制覇しました。

 その翌年の90年に大学を卒業しましたが、柔道選手の就職先といえば、当時は警察関係が中心。JRAに入ったのは、学生時代の柔道部の師範が職員だったことが大きかったですね。

 JRAの柔道部は強いわけじゃなかったけど、ちょうどその頃は競馬のイメージアップに力を入れているときでした。その一環でオリンピック選手を入れようという考えがあったんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る