小林至さん<1> 東大野球部員は就職活動というものをしない

公開日: 更新日:

 わずか2年でプロ野球ロッテを自由契約になったが、気持ちを切り替えて米コロンビア大学経営大学院(MBA)に入学。ソフトバンクホークス取締役などを経て、現在は江戸川大学(千葉県流山市)で教壇に立つ。そう、今回登場するのは、東京大学出身の高学歴投手として注目を浴びた小林至さんだ。

 父はプロ入りに猛反対でした。入団テストを受ける前々日に初めて「ロッテのテストを受ける」と伝えたのですが、昔かたぎの父は「ピエロになるだけだ」と取り合わなかった。

 日本大学出身の父は当時、ゼネコンの間組(現・安藤ハザマ)で役員をしていた。仕事中心の猛烈サラリーマンで、帰りはいつも遅かった。男は外で働き、おふくろが家庭を守るという典型的な昭和の男でした。息子が東大を卒業すれば、社会人としてさまざまな分野で活躍できるという思いもあっただろうし、プロ野球のレベルを知っていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  6. 6

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  7. 7

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  8. 8

    久美子氏は社員に警告「勝久会長への協力は就業規則違反」

  9. 9

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  10. 10

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

もっと見る