• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小林至さん<1> 東大野球部員は就職活動というものをしない

 わずか2年でプロ野球・ロッテを自由契約になったが、気持ちを切り替えて米コロンビア大学経営大学院(MBA)に入学。ソフトバンクホークス取締役などを経て、現在は江戸川大学(千葉県流山市)で教壇に立つ。そう、今回登場するのは、東京大学出身の高学歴投手として注目を浴びた小林至さんだ。

 父はプロ入りに猛反対でした。入団テストを受ける前々日に初めて「ロッテのテストを受ける」と伝えたのですが、昔かたぎの父は「ピエロになるだけだ」と取り合わなかった。

 日本大学出身の父は当時、ゼネコンの間組(現・安藤ハザマ)で役員をしていた。仕事中心の猛烈サラリーマンで、帰りはいつも遅かった。男は外で働き、おふくろが家庭を守るという典型的な昭和の男でした。息子が東大を卒業すれば、社会人としてさまざまな分野で活躍できるという思いもあっただろうし、プロ野球のレベルを知っていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  9. 9

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る