小林至さん<1> 東大野球部員は就職活動というものをしない

公開日: 更新日:

 わずか2年でプロ野球・ロッテを自由契約になったが、気持ちを切り替えて米コロンビア大学経営大学院(MBA)に入学。ソフトバンクホークス取締役などを経て、現在は江戸川大学(千葉県流山市)で教壇に立つ。そう、今回登場するのは、東京大学出身の高学歴投手として注目を浴びた小林至さんだ。

 父はプロ入りに猛反対でした。入団テストを受ける前々日に初めて「ロッテのテストを受ける」と伝えたのですが、昔かたぎの父は「ピエロになるだけだ」と取り合わなかった。

 日本大学出身の父は当時、ゼネコンの間組(現・安藤ハザマ)で役員をしていた。仕事中心の猛烈サラリーマンで、帰りはいつも遅かった。男は外で働き、おふくろが家庭を守るという典型的な昭和の男でした。息子が東大を卒業すれば、社会人としてさまざまな分野で活躍できるという思いもあっただろうし、プロ野球のレベルを知っていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

もっと見る