カフェ・サルバドル・ビジネスサロン<下>贅沢な空間の秘密

公開日:

 カフェ・サルバドル・ビジネスサロンに入って、最初に思い浮かんだ言葉は「ゆったり」だった。ホテルのラウンジのような空間では、仕事をする人も商談をする人も、隣を気にする必要がほとんどない。席数は52。普通のカフェなら、席をあと3割は増やせるだろう。テーブルとテーブルの間も広い。カフェの一般的な動線は70センチといわれるが、この店は90センチ~1メートルだ。

 つい長居してしまいそうな雰囲気。店の立場からすれば、それだけ売り上げや利益は減るわけだが、「儲けじゃないんです。人が集まってくれることが大事なんです。そもそも飲食業ではなく、集客業をやっているつもりです」。運営するカフェ・カンパニーのカフェスタイル事業部マネジャーで、このカフェを企画した和田キコ剛氏はそう語った。

 日本橋兜町の再活性化の一翼を担っている店だから、人が集まる店づくりにしなければならないというのはわかる。

 とはいえ居心地の良さを追求するあまり、赤字経営にしてしまえば本末転倒だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る