カフェ・サルバドル・ビジネスサロン<下>贅沢な空間の秘密

公開日: 更新日:

 カフェ・サルバドル・ビジネスサロンに入って、最初に思い浮かんだ言葉は「ゆったり」だった。ホテルのラウンジのような空間では、仕事をする人も商談をする人も、隣を気にする必要がほとんどない。席数は52。普通のカフェなら、席をあと3割は増やせるだろう。テーブルとテーブルの間も広い。カフェの一般的な動線は70センチといわれるが、この店は90センチ~1メートルだ。

 つい長居してしまいそうな雰囲気。店の立場からすれば、それだけ売り上げや利益は減るわけだが、「儲けじゃないんです。人が集まってくれることが大事なんです。そもそも飲食業ではなく、集客業をやっているつもりです」。運営するカフェ・カンパニーのカフェスタイル事業部マネジャーで、このカフェを企画した和田キコ剛氏はそう語った。

 日本橋兜町の再活性化の一翼を担っている店だから、人が集まる店づくりにしなければならないというのはわかる。

 とはいえ居心地の良さを追求するあまり、赤字経営にしてしまえば本末転倒だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  3. 3

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  6. 6

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  7. 7

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  8. 8

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  9. 9

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  10. 10

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る