手品が見られる純喫茶がはやるワケ…土日はコスプレ客殺到

公開日:

 今年84歳になる作道明さんがコーヒー店を開いたのは1965年のことだった。元は「丸井」でお店の責任者を務めていたが、吉祥寺の純喫茶「邪宗門」の常連となるうちに、「自分もこんなお店をやりたい」と思ったのがきっかけだ。

 その店ではマスターがお客にコーヒーを出す傍ら、手品を見せる。店名は北原白秋の詩集のタイトルから。作道さんはそこでマスターから手ほどきを受け、奥さんの自宅があった世田谷区代田に邪宗門を開いた。店内の至る所に骨董品が置いてあるのは、吉祥寺の邪宗門の内装をまねてのことという。

 邪宗門と名乗るお店を開いたのは作道さんだけではない。吉祥寺のマスターに私淑した人たちが開いた、同じ名のお店は下田や小田原、荻窪などにもある。「荻窪の邪宗門のマスターだった人はアマチュアマジシャンとして世界一になったこともあった人だった」と作道さんは言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る