手品が見られる純喫茶がはやるワケ…土日はコスプレ客殺到

公開日: 更新日:

 今年84歳になる作道明さんがコーヒー店を開いたのは1965年のことだった。元は「丸井」でお店の責任者を務めていたが、吉祥寺の純喫茶「邪宗門」の常連となるうちに、「自分もこんなお店をやりたい」と思ったのがきっかけだ。

 その店ではマスターがお客にコーヒーを出す傍ら、手品を見せる。店名は北原白秋の詩集のタイトルから。作道さんはそこでマスターから手ほどきを受け、奥さんの自宅があった世田谷区代田に邪宗門を開いた。店内の至る所に骨董品が置いてあるのは、吉祥寺の邪宗門の内装をまねてのことという。

 邪宗門と名乗るお店を開いたのは作道さんだけではない。吉祥寺のマスターに私淑した人たちが開いた、同じ名のお店は下田や小田原、荻窪などにもある。「荻窪の邪宗門のマスターだった人はアマチュアマジシャンとして世界一になったこともあった人だった」と作道さんは言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  8. 8

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  9. 9

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  10. 10

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

もっと見る