• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

カフェ・サルバドル・ビジネスサロン<上>兜町再興めざして

 証券会社の業界団体「日本証券業協会」が入っている東京証券会館1階はその昔、有価証券報告書や決算書が閲覧できる場所だったが2年前、カフェ・サルバドル・ビジネスサロンが開店した。

 80坪という広いスペースにいる客はさまざま。飲食を楽しむ人もいれば、コーヒーを飲みながらパソコンに向かって仕事をする人、読書にいそしむ人もいる。

 パーティションの向こうの会議スペースからは、何人かの生徒を相手に英会話を教える外国人の声も響いてきた。それぞれの用途に応じたスペースが用意されており、例えば仕事をする人向けのコーナーはWi―Fiはもちろん、レーザープリンターやコピー機などが備えてある。

 店の誕生の経緯は気宇壮大なところがある。東証会館のすぐそばにある東京証券取引所から「場立ち」がいなくなり、ネットを通じて証券取引は可能になった。「近代日本の資本市場発祥の地である日本橋兜町で働く人は減っており、街をどう再活性化するかが課題なんです」と、「証券界の大家」で東証会館の所有者でもある平和不動産・街づくり推進室の山根拓馬主任は言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る