神田の珈琲専門店「エース」 元祖のりトーストの隠し味は

公開日: 更新日:

 神田で創業47年を迎える喫茶店「エース」の名物は170円の「のりトースト」。バターを塗った食パンに醤油のついたのりを挟んでトースターで焼いただけの代物なのだが、これを求めて最近では台湾や香港などからも客が訪れる。1日80食出ることもあるという。

 エースを営む清水英勝さん(75)と徹夫さん(73)兄弟は、とにかくサービス精神が旺盛だ。「お客さんでレシピを教えてくれという人がいて、厨房の中に入れて教えたこともありますよ。その人は後日、自宅で作ったけれど、エースの味が出なかったって言っていましたね。特別なことをしていないのにな」と兄の英勝さんは笑う。

 2人はエースがある場所に生まれた。学校給食を作っていた父親が「喫茶店をやりたい」と言い出したため、28歳、26歳でそれぞれ脱サラ。

「当時は新橋に喫茶店開業を目指す人を相手にした日本喫茶学院というところがあって、そこで勉強してから始めたんですよ」(徹夫さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  9. 9

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  10. 10

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

もっと見る