• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

神田の珈琲専門店「エース」 元祖のりトーストの隠し味は

 神田で創業47年を迎える喫茶店「エース」の名物は170円の「のりトースト」。バターを塗った食パンに醤油のついたのりを挟んでトースターで焼いただけの代物なのだが、これを求めて最近では台湾や香港などからも客が訪れる。1日80食出ることもあるという。

 エースを営む清水英勝さん(75)と徹夫さん(73)兄弟は、とにかくサービス精神が旺盛だ。「お客さんでレシピを教えてくれという人がいて、厨房の中に入れて教えたこともありますよ。その人は後日、自宅で作ったけれど、エースの味が出なかったって言っていましたね。特別なことをしていないのにな」と兄の英勝さんは笑う。

 2人はエースがある場所に生まれた。学校給食を作っていた父親が「喫茶店をやりたい」と言い出したため、28歳、26歳でそれぞれ脱サラ。

「当時は新橋に喫茶店開業を目指す人を相手にした日本喫茶学院というところがあって、そこで勉強してから始めたんですよ」(徹夫さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る