• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【ニンニクの芽の素揚げ】塩気と油っ気が後を引く

よしだ海岸(東京・新宿2丁目)

 新宿2丁目のど真ん中にある「よしだ海岸」。深夜から早朝まで、常連客で賑わう店だ。

「これ、究極の手抜き料理なんですよ」

 店が混雑した時でも、あっという間にできるのが、この「ニンニクの芽の素揚げ」なのだという。なにしろ、熱した油にドボンと1分程度、入れるだけである。

「でも、おいしいでしょ。酒も進むし」

 たしかに、その通りなのだ。普通、ニンニクの芽は、炒めることが多い。もちろん、炒めてもおいしいのだが、素揚げにした方が、断然、香りが強いのだ。この香ばしさは食欲をそそる。

 熱々を一口つまむと、塩気と油っ気がたまらない。後を引くおいしさだ。サクサクとした食感。いくらでも食べられちゃう。

「油で揚げて、あとで塩を振るだけだから、料理が苦手な人でも失敗は少ないはずですよ。注意点は、長く熱を入れすぎて焦がさないようにすることです。でも、ある程度火が入らないと香りが出ません。それと、油は思ったよりも塩を吸収するので、塩は少なめにして下さい」

 相性の良い酒は、焼酎のお湯割りだろう。焼酎ならニンニクの芽の強い香りとケンカしない。

《材料》
・ニンニクの芽
・サラダ油
・塩

《レシピ》
(1)ニンニクの芽を一口サイズにカットする。
(2)熱した油に1分間程度入れる。焦がさないように注意。ただし、熱の入りが弱いと香りが立たない。
(3)素揚げしたニンニクの芽に塩を振る。塩は少なめに。

▼むらせ・ぶんご
 鮮魚店が経営する居酒屋「魚真」で10年間修業。魚を徹底的に勉強し、33歳の時、独立。

▼よしだかいがん
 営業時間は夕方6時から朝6時まで。魚がおいしいと評判の店。常連客は刺し身を目当てに通ってくる。早い時間は近所のサラリーマンが多いが、新宿2丁目のど真ん中という立地もあって、深夜から朝方は2丁目の住民が多い。

東京都新宿区新宿2―13―6
℡03・5379・5488
不定休

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る