【ニンニクの芽の素揚げ】塩気と油っ気が後を引く

公開日: 更新日:

よしだ海岸(東京・新宿2丁目)

 新宿2丁目のど真ん中にある「よしだ海岸」。深夜から早朝まで、常連客で賑わう店だ。

「これ、究極の手抜き料理なんですよ」

 店が混雑した時でも、あっという間にできるのが、この「ニンニクの芽の素揚げ」なのだという。なにしろ、熱した油にドボンと1分程度、入れるだけである。

「でも、おいしいでしょ。酒も進むし」

 たしかに、その通りなのだ。普通、ニンニクの芽は、炒めることが多い。もちろん、炒めてもおいしいのだが、素揚げにした方が、断然、香りが強いのだ。この香ばしさは食欲をそそる。

 熱々を一口つまむと、塩気と油っ気がたまらない。後を引くおいしさだ。サクサクとした食感。いくらでも食べられちゃう。

「油で揚げて、あとで塩を振るだけだから、料理が苦手な人でも失敗は少ないはずですよ。注意点は、長く熱を入れすぎて焦がさないようにすることです。でも、ある程度火が入らないと香りが出ません。それと、油は思ったよりも塩を吸収するので、塩は少なめにして下さい」

 相性の良い酒は、焼酎のお湯割りだろう。焼酎ならニンニクの芽の強い香りとケンカしない。

《材料》
・ニンニクの芽
・サラダ油
・塩

《レシピ》
(1)ニンニクの芽を一口サイズにカットする。
(2)熱した油に1分間程度入れる。焦がさないように注意。ただし、熱の入りが弱いと香りが立たない。
(3)素揚げしたニンニクの芽に塩を振る。塩は少なめに。

▼むらせ・ぶんご
 鮮魚店が経営する居酒屋「魚真」で10年間修業。魚を徹底的に勉強し、33歳の時、独立。

▼よしだかいがん
 営業時間は夕方6時から朝6時まで。魚がおいしいと評判の店。常連客は刺し身を目当てに通ってくる。早い時間は近所のサラリーマンが多いが、新宿2丁目のど真ん中という立地もあって、深夜から朝方は2丁目の住民が多い。

東京都新宿区新宿2―13―6
℡03・5379・5488
不定休

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  9. 9

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  10. 10

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

もっと見る