曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

しま食堂(六甲アイランド)開島第1期住民が開いた洋食屋

公開日: 更新日:

 六甲アイランドで人気を博す洋食屋がある。開島第1期住民で、人工島内を知りつくす山村祐介さんが、島内にファミリーで利用できる飲食店が少ないと考え、昨秋、この「しま食堂」をオープンさせた。

「ソースは全て手作り。味のバランスを考えながら作っている」と言うようにタルタルソースやデミグラスソースは舌に残らず、うま味を有す設計になっている。なのでデミグラスソースは継ぎ足しながら、「しま食堂」のオリジナリティーを出すようにしているそうだ。例えばハンバーグ(ディナーで1185円)は、国産黒毛和牛ミンチと豚ミンチを7対3の割合でこねて作る。牛100%は硬くなりすぎるし、豚が多すぎても脂濃くなる。この黄金比率が大切と話す。そこに野菜を数日煮込んで継ぎ足しながら仕込んだデミグラスソースをかけるのだ。ランチセットはお得で1080円、昼食時にこれを求める人が多いのも納得できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  2. 2

    娘の命を助けてくれたから…母親が恩人に“返した”ものとは

  3. 3

    中島裕翔が離脱か 改元で「Hey!Say!JUMP」に不穏な動き

  4. 4

    “好きなジャニーズ2019”山田涼介1位 進む世代交代の行方

  5. 5

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  6. 6

    誰がどうして?解散日程の“怪メール”流出で永田町右往左往

  7. 7

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  8. 8

    コウキに続け 花盛りの2世タレントで令和ブレークするのは

  9. 9

    “おっぱい”丸山氏 次は“出所不明”300万円超の政治資金疑惑

  10. 10

    GW渡航先1番人気は「韓国」…嫌韓派の歯ぎしりが聞こえる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る