年商77億円から倒産…「飲食のカリスマ」が明かす辛い過去

公開日: 更新日:

 お客の目の前で、軽快なリズムと手さばきで、厳選された高級和牛を最もおいしい状態で提供する料理人。この男性、岡田賢一郎氏は2000年代の外食産業でカリスマといわれた経営者だった。

「美食酒家ちゃんと。」「ケンズダイニング」といった創作料理店を立て続けにヒットさせ、06年にはニューヨークにも出店。最盛期は65店舗、年商77億円を誇る「株式会社ちゃんと」のトップに君臨していた。「日経レストラン」のメニューコンテストでグランプリを受賞した「キムチの王様」をはじめ、今流行のドライエイジングビーフをいち早く商品化したのも岡田氏だった。

 しかし、その勢いは続かなかった。11年に約31億円の負債を抱え、民事再生法の適用を申請した。

 まさに、天国と地獄を見た岡田氏は現在、東京・西麻布の和牛専門焼き肉レストラン「ジ イノセントカーベリー」の総料理長として腕を振るっている。岡田氏に経営者当時の話をしてもらった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る