年商77億円から倒産…「飲食のカリスマ」が明かす辛い過去

公開日:

 お客の目の前で、軽快なリズムと手さばきで、厳選された高級和牛を最もおいしい状態で提供する料理人。この男性、岡田賢一郎氏は2000年代の外食産業でカリスマといわれた経営者だった。

「美食酒家ちゃんと。」「ケンズダイニング」といった創作料理店を立て続けにヒットさせ、06年にはニューヨークにも出店。最盛期は65店舗、年商77億円を誇る「株式会社ちゃんと」のトップに君臨していた。「日経レストラン」のメニューコンテストでグランプリを受賞した「キムチの王様」をはじめ、今流行のドライエイジングビーフをいち早く商品化したのも岡田氏だった。

 しかし、その勢いは続かなかった。11年に約31億円の負債を抱え、民事再生法の適用を申請した。

 まさに、天国と地獄を見た岡田氏は現在、東京・西麻布の和牛専門焼き肉レストラン「ジ イノセントカーベリー」の総料理長として腕を振るっている。岡田氏に経営者当時の話をしてもらった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  7. 7

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る