年商77億円から倒産…「飲食のカリスマ」が明かす辛い過去

公開日:

 お客の目の前で、軽快なリズムと手さばきで、厳選された高級和牛を最もおいしい状態で提供する料理人。この男性、岡田賢一郎氏は2000年代の外食産業でカリスマといわれた経営者だった。

「美食酒家ちゃんと。」「ケンズダイニング」といった創作料理店を立て続けにヒットさせ、06年にはニューヨークにも出店。最盛期は65店舗、年商77億円を誇る「株式会社ちゃんと」のトップに君臨していた。「日経レストラン」のメニューコンテストでグランプリを受賞した「キムチの王様」をはじめ、今流行のドライエイジングビーフをいち早く商品化したのも岡田氏だった。

 しかし、その勢いは続かなかった。11年に約31億円の負債を抱え、民事再生法の適用を申請した。

 まさに、天国と地獄を見た岡田氏は現在、東京・西麻布の和牛専門焼き肉レストラン「ジ イノセントカーベリー」の総料理長として腕を振るっている。岡田氏に経営者当時の話をしてもらった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る