年商77億円から倒産…「飲食のカリスマ」が明かす辛い過去

公開日: 更新日:

 お客の目の前で、軽快なリズムと手さばきで、厳選された高級和牛を最もおいしい状態で提供する料理人。この男性、岡田賢一郎氏は2000年代の外食産業でカリスマといわれた経営者だった。

「美食酒家ちゃんと。」「ケンズダイニング」といった創作料理店を立て続けにヒットさせ、06年にはニューヨークにも出店。最盛期は65店舗、年商77億円を誇る「株式会社ちゃんと」のトップに君臨していた。「日経レストラン」のメニューコンテストでグランプリを受賞した「キムチの王様」をはじめ、今流行のドライエイジングビーフをいち早く商品化したのも岡田氏だった。

 しかし、その勢いは続かなかった。11年に約31億円の負債を抱え、民事再生法の適用を申請した。

 まさに、天国と地獄を見た岡田氏は現在、東京・西麻布の和牛専門焼き肉レストラン「ジ イノセントカーベリー」の総料理長として腕を振るっている。岡田氏に経営者当時の話をしてもらった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  8. 8

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    阪神藤浪は0勝で25%減更改 現役ドラフト導入なら1位指名

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る