電波が届かなくても安心 登山地図アプリ「YAMAP」活用法

公開日:

 美しい景色やおいしい空気、そして山頂に立ったときの達成感を味わおうと、登山を趣味にする人が増えている。そこで初心者ハイカーの心強い味方になってくれるスマホアプリがある。「YAMAP(ヤマップ)」だ。

「YAMAPの特色は2つ。携帯電波の届かない山中でも地図上で現在位置を確認できることと、趣味の山を通じて人と人がつながれることです」と、株式会社ヤマップの取締役COO兼CFOの髙橋勲氏は説明する。

 最近のスマホはたいていGPS機能が付いており、携帯電波が届く街中なら、一般の地図アプリ上で現在位置が表示される。ところが電波の届かない山中ではこうはいかない。地図情報も電波で送られるため、真っ白な画面上に現在位置を示すマークだけが表示されてしまうのだ。

 YAMAPは電波の届く街中で地図情報を事前にダウンロードする。この地図の上にGPSの位置情報を表示することで、山中でも現在位置を確認できるようにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る