電波が届かなくても安心 登山地図アプリ「YAMAP」活用法

公開日:

 美しい景色やおいしい空気、そして山頂に立ったときの達成感を味わおうと、登山を趣味にする人が増えている。そこで初心者ハイカーの心強い味方になってくれるスマホアプリがある。「YAMAP(ヤマップ)」だ。

「YAMAPの特色は2つ。携帯電波の届かない山中でも地図上で現在位置を確認できることと、趣味の山を通じて人と人がつながれることです」と、株式会社ヤマップの取締役COO兼CFOの髙橋勲氏は説明する。

 最近のスマホはたいていGPS機能が付いており、携帯電波が届く街中なら、一般の地図アプリ上で現在位置が表示される。ところが電波の届かない山中ではこうはいかない。地図情報も電波で送られるため、真っ白な画面上に現在位置を示すマークだけが表示されてしまうのだ。

 YAMAPは電波の届く街中で地図情報を事前にダウンロードする。この地図の上にGPSの位置情報を表示することで、山中でも現在位置を確認できるようにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

もっと見る