• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

電波が届かなくても安心 登山地図アプリ「YAMAP」活用法

 美しい景色やおいしい空気、そして山頂に立ったときの達成感を味わおうと、登山を趣味にする人が増えている。そこで初心者ハイカーの心強い味方になってくれるスマホアプリがある。「YAMAP(ヤマップ)」だ。

「YAMAPの特色は2つ。携帯電波の届かない山中でも地図上で現在位置を確認できることと、趣味の山を通じて人と人がつながれることです」と、株式会社ヤマップの取締役COO兼CFOの髙橋勲氏は説明する。

 最近のスマホはたいていGPS機能が付いており、携帯電波が届く街中なら、一般の地図アプリ上で現在位置が表示される。ところが電波の届かない山中ではこうはいかない。地図情報も電波で送られるため、真っ白な画面上に現在位置を示すマークだけが表示されてしまうのだ。

 YAMAPは電波の届く街中で地図情報を事前にダウンロードする。この地図の上にGPSの位置情報を表示することで、山中でも現在位置を確認できるようにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る