80代で始める人も…ボケや体の痛みに効くドラムの始め方

公開日:

「はじめはおぼつかない感じでしたが、慣れてくると叩くのが楽しくなってきますよ」

 見事なスティックさばきで8ビートを刻むのは、まだドラムを始めたばかりだという76歳の田中昌子さん。そう、今、中高年になってからドラムを始める人がジワジワと増えているという。

 田中さんが通うのは、プロドラマー、山木秀夫氏が主宰するドラム教室だ。山木氏はこれまで、坂本龍一、井上陽水、福山雅治、美空ひばり、JUJUら、錚々たるアーティストをドラムでサポートしてきた日本を代表するドラマーだ。山木氏は、後進の育成のほか、ドラムの楽しさを一般の人にも知ってもらいたいという思いから、4年前からドラム教室を開催し、今では、東京、名古屋、大阪、福岡と各地で展開している。

 ドラムは男性であれば誰もが憧れたものだが、始めるにはハードルの高い楽器のひとつだろう。普通の家庭だと音の大きさのほか、ドラム機材の置き場所に難儀するからだ。しかし、思っているよりも始めやすいことを知ってほしいと山木氏は話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る