80代で始める人も…ボケや体の痛みに効くドラムの始め方

公開日: 更新日:

「はじめはおぼつかない感じでしたが、慣れてくると叩くのが楽しくなってきますよ」

 見事なスティックさばきで8ビートを刻むのは、まだドラムを始めたばかりだという76歳の田中昌子さん。そう、今、中高年になってからドラムを始める人がジワジワと増えているという。

 田中さんが通うのは、プロドラマー、山木秀夫氏が主宰するドラム教室だ。山木氏はこれまで、坂本龍一、井上陽水、福山雅治、美空ひばり、JUJUら、錚々たるアーティストをドラムでサポートしてきた日本を代表するドラマーだ。山木氏は、後進の育成のほか、ドラムの楽しさを一般の人にも知ってもらいたいという思いから、4年前からドラム教室を開催し、今では、東京、名古屋、大阪、福岡と各地で展開している。

 ドラムは男性であれば誰もが憧れたものだが、始めるにはハードルの高い楽器のひとつだろう。普通の家庭だと音の大きさのほか、ドラム機材の置き場所に難儀するからだ。しかし、思っているよりも始めやすいことを知ってほしいと山木氏は話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  3. 3

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  6. 6

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  7. 7

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  8. 8

    公立福生病院の透析中止と麻生氏の弱者に対する罵詈雑言

  9. 9

    我々は“トモダチ”が健康被害で苦しんでいることを知るべき

  10. 10

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

もっと見る