80代で始める人も…ボケや体の痛みに効くドラムの始め方

公開日: 更新日:

「はじめはおぼつかない感じでしたが、慣れてくると叩くのが楽しくなってきますよ」

 見事なスティックさばきで8ビートを刻むのは、まだドラムを始めたばかりだという76歳の田中昌子さん。そう、今、中高年になってからドラムを始める人がジワジワと増えているという。

 田中さんが通うのは、プロドラマー、山木秀夫氏が主宰するドラム教室だ。山木氏はこれまで、坂本龍一、井上陽水、福山雅治、美空ひばり、JUJUら、錚々たるアーティストをドラムでサポートしてきた日本を代表するドラマーだ。山木氏は、後進の育成のほか、ドラムの楽しさを一般の人にも知ってもらいたいという思いから、4年前からドラム教室を開催し、今では、東京、名古屋、大阪、福岡と各地で展開している。

 ドラムは男性であれば誰もが憧れたものだが、始めるにはハードルの高い楽器のひとつだろう。普通の家庭だと音の大きさのほか、ドラム機材の置き場所に難儀するからだ。しかし、思っているよりも始めやすいことを知ってほしいと山木氏は話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  7. 7

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  8. 8

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  9. 9

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る