80代で始める人も…ボケや体の痛みに効くドラムの始め方

公開日:

「はじめはおぼつかない感じでしたが、慣れてくると叩くのが楽しくなってきますよ」

 見事なスティックさばきで8ビートを刻むのは、まだドラムを始めたばかりだという76歳の田中昌子さん。そう、今、中高年になってからドラムを始める人がジワジワと増えているという。

 田中さんが通うのは、プロドラマー、山木秀夫氏が主宰するドラム教室だ。山木氏はこれまで、坂本龍一、井上陽水、福山雅治、美空ひばり、JUJUら、錚々たるアーティストをドラムでサポートしてきた日本を代表するドラマーだ。山木氏は、後進の育成のほか、ドラムの楽しさを一般の人にも知ってもらいたいという思いから、4年前からドラム教室を開催し、今では、東京、名古屋、大阪、福岡と各地で展開している。

 ドラムは男性であれば誰もが憧れたものだが、始めるにはハードルの高い楽器のひとつだろう。普通の家庭だと音の大きさのほか、ドラム機材の置き場所に難儀するからだ。しかし、思っているよりも始めやすいことを知ってほしいと山木氏は話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る