• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

月500円で卵かけごはん無料店も 「定額飲食店」のカラクリ

 DVDや漫画のレンタル、音楽・映像の配信サービス、フィットネスクラブなどは、今や毎月決まった額を払えば何度でも使えるという定額制が通常になりつつある。そんな中、飲食店でもここ数年で定額制を取り入れる店舗が増加中。

 たとえば、カフェでは2016年からいち早く定額制を取り入れたのが、「coffee mafia(コーヒーマフィア)」だ。西新宿にある1号店に加えて、今年1月に飯田橋にもオープンしている。ここでは月額3000円を払えば、通常1杯300円のラージサイズコーヒーがいつでも無料となるなどのサービスが受けられる(1回の来店につき1杯まで)。月額6500円会員なら、スペシャリティーコーヒーを除いたすべてのドリンクがいつでも無料だ。来店時には、アプリの画面を見せればOK。取材時に来店したサラリーマンに話を聞いてみた。

「会社がすぐそばにあり、仕事の休憩がてら1日3~4回利用しています。今まではカフェに行く習慣はなかったのですが、休憩のたびに自販機やコンビニで100円のドリンクを買うよりも、こちらのほうが安上がり。しかも一杯一杯ハンドドリップで入れているので味も違いますし、店員さんとコミュニケーションが取れるのも気分転換になっていい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  4. 4

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  7. 7

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る