月500円で卵かけごはん無料店も 「定額飲食店」のカラクリ

公開日:

 DVDや漫画のレンタル、音楽・映像の配信サービス、フィットネスクラブなどは、今や毎月決まった額を払えば何度でも使えるという定額制が通常になりつつある。そんな中、飲食店でもここ数年で定額制を取り入れる店舗が増加中。

 たとえば、カフェでは2016年からいち早く定額制を取り入れたのが、「coffee mafia(コーヒーマフィア)」だ。西新宿にある1号店に加えて、今年1月に飯田橋にもオープンしている。ここでは月額3000円を払えば、通常1杯300円のラージサイズコーヒーがいつでも無料となるなどのサービスが受けられる(1回の来店につき1杯まで)。月額6500円会員なら、スペシャリティーコーヒーを除いたすべてのドリンクがいつでも無料だ。来店時には、アプリの画面を見せればOK。取材時に来店したサラリーマンに話を聞いてみた。

「会社がすぐそばにあり、仕事の休憩がてら1日3~4回利用しています。今まではカフェに行く習慣はなかったのですが、休憩のたびに自販機やコンビニで100円のドリンクを買うよりも、こちらのほうが安上がり。しかも一杯一杯ハンドドリップで入れているので味も違いますし、店員さんとコミュニケーションが取れるのも気分転換になっていい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る