月500円で卵かけごはん無料店も 「定額飲食店」のカラクリ

公開日:

 DVDや漫画のレンタル、音楽・映像の配信サービス、フィットネスクラブなどは、今や毎月決まった額を払えば何度でも使えるという定額制が通常になりつつある。そんな中、飲食店でもここ数年で定額制を取り入れる店舗が増加中。

 たとえば、カフェでは2016年からいち早く定額制を取り入れたのが、「coffee mafia(コーヒーマフィア)」だ。西新宿にある1号店に加えて、今年1月に飯田橋にもオープンしている。ここでは月額3000円を払えば、通常1杯300円のラージサイズコーヒーがいつでも無料となるなどのサービスが受けられる(1回の来店につき1杯まで)。月額6500円会員なら、スペシャリティーコーヒーを除いたすべてのドリンクがいつでも無料だ。来店時には、アプリの画面を見せればOK。取材時に来店したサラリーマンに話を聞いてみた。

「会社がすぐそばにあり、仕事の休憩がてら1日3~4回利用しています。今まではカフェに行く習慣はなかったのですが、休憩のたびに自販機やコンビニで100円のドリンクを買うよりも、こちらのほうが安上がり。しかも一杯一杯ハンドドリップで入れているので味も違いますし、店員さんとコミュニケーションが取れるのも気分転換になっていい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る