プロスノーボーダー岩垂かれんさん プルコギ風トナカイ肉

公開日:

 平昌五輪のスノーボード解説で「美しすぎる解説者」として話題になった岩垂かれんさんは、スノーボードクロスの元日本代表選手。同組の選手と接触し転倒することも多く、「雪上の格闘技」と呼ばれている競技だ。

 10歳でスノーボードを始め、スイス、ニュージーランド、カナダなど世界有数の山々を滑ってきた。その間に布施忠、西田崇、上田ユキエといったスノーボード界の鬼才たちに師事し、15歳で最年少プロライダーに。以来、スノーボードクロスの選手として活躍している。

「海外遠征も多いので、世界各地でいろんな料理を食べましたね。忘れられないのは、代表の合宿でフィンランドに行ったときの食事。毎日同じメニューで3週間過ごしたんです。しかも、毎晩の肉料理が牛でも豚でもないし、何のお肉か分からなくて……。最後に聞いたらトナカイの肉でした。プルコギがカチカチになったようなトナカイの肉が、ポテトの上にドンとのっているだけの料理です。変わるのは、肉の下に敷かれているポテトの調理法。マッシュポテトになったり、フライになったり、ゆでただけになったり……。本当にそれだけでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る