プロスノーボーダー岩垂かれんさん プルコギ風トナカイ肉

公開日:

 平昌五輪のスノーボード解説で「美しすぎる解説者」として話題になった岩垂かれんさんは、スノーボードクロスの元日本代表選手。同組の選手と接触し転倒することも多く、「雪上の格闘技」と呼ばれている競技だ。

 10歳でスノーボードを始め、スイス、ニュージーランド、カナダなど世界有数の山々を滑ってきた。その間に布施忠、西田崇、上田ユキエといったスノーボード界の鬼才たちに師事し、15歳で最年少プロライダーに。以来、スノーボードクロスの選手として活躍している。

「海外遠征も多いので、世界各地でいろんな料理を食べましたね。忘れられないのは、代表の合宿でフィンランドに行ったときの食事。毎日同じメニューで3週間過ごしたんです。しかも、毎晩の肉料理が牛でも豚でもないし、何のお肉か分からなくて……。最後に聞いたらトナカイの肉でした。プルコギがカチカチになったようなトナカイの肉が、ポテトの上にドンとのっているだけの料理です。変わるのは、肉の下に敷かれているポテトの調理法。マッシュポテトになったり、フライになったり、ゆでただけになったり……。本当にそれだけでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る