女子ソフト元代表・髙山樹里さん 母の手料理で偏食を克服

公開日: 更新日:

 3大会連続でオリンピックに出場した女子ソフトボール日本代表のエース。シドニーで銀、アテネで銅メダルを獲得した。その後は身体能力を生かしてボブスレーやスケルトンにも挑戦。現在は日本車椅子ソフトボール協会の副会長であり、東海ユナイテッドドラゴンズの監督も兼任。全国各地でソフトボール、車椅子ソフトボールの普及に努めている。

 髙山さんは現在、5人暮らし。都内に借りている自宅をシェアハウスにしている。

「『ゴリラハウス』と呼んでいるんですが、メンバーは食欲旺盛なアメフトマンの男子4人と私の計5人。みんなでそろってご飯を食べるときは私が料理を担当します。7合はご飯を炊き、ギョーザならキャベツ1玉、ひき肉1キロを使います。さすがに包むのは大変だから、皮はフライパンに直接50枚ぐらい敷き、その上にタネをのせて焼くスタイル。巨大ギョーザができますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  7. 7

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  8. 8

    安倍首相「内定率は過去最高」はいいトコ取りの目くらまし

  9. 9

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  10. 10

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

もっと見る