女子ソフト元代表・髙山樹里さん 母の手料理で偏食を克服

公開日: 更新日:

 3大会連続でオリンピックに出場した女子ソフトボール日本代表のエース。シドニーで銀、アテネで銅メダルを獲得した。その後は身体能力を生かしてボブスレーやスケルトンにも挑戦。現在は日本車椅子ソフトボール協会の副会長であり、東海ユナイテッドドラゴンズの監督も兼任。全国各地でソフトボール、車椅子ソフトボールの普及に努めている。

 髙山さんは現在、5人暮らし。都内に借りている自宅をシェアハウスにしている。

「『ゴリラハウス』と呼んでいるんですが、メンバーは食欲旺盛なアメフトマンの男子4人と私の計5人。みんなでそろってご飯を食べるときは私が料理を担当します。7合はご飯を炊き、ギョーザならキャベツ1玉、ひき肉1キロを使います。さすがに包むのは大変だから、皮はフライパンに直接50枚ぐらい敷き、その上にタネをのせて焼くスタイル。巨大ギョーザができますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  4. 4

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  5. 5

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  6. 6

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

もっと見る