柔道家・谷本歩実さん 海外にも持参の八丁味噌で赤だしを

公開日:

 小学生のときから“柔道女子”だった谷本さんは、2004年のアテネ五輪に続き08年の北京五輪でもオール一本勝ちし、2連覇の偉業を達成した。現在は2児の母として子育てをしながら、コマツ女子柔道部助監督、20年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会理事などを務めている。

 彼女がいつも海外遠征で持参していたのは、八丁味噌だ。

「愛知県の三河出身なので小さい頃から慣れ親しんだ味です。高校は寮生活でしたが、大学は一人暮らしの自炊だったので、母がよく段ボールに詰めて送ってくれたんです。海外で赤だしの味噌汁を作るときは、日本から持参した乾燥わかめに、現地で買ったネギや豆腐を入れ、なるべく日本で食べている味を再現しました。アテネも北京もこれを食べて“勝負のスイッチ”を入れました! オレンジジュースにパンやコーヒーでは“戦闘モード”にはならないですから(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る