元Sスケート大菅小百合さんは自家製サケフレークが勝負飯

公開日: 更新日:

 冬季はスピードスケート、夏季は自転車で五輪出場を果たした二刀流のアスリート。本職のスケートは、09年に小平奈緒選手に抜かれるまで、女子500メートルの日本記録保持者だった。

 そんな大菅さんは、北海道のオホーツク海に面した標津町で育った。サケを中心とする漁業が盛んな町で、秋サケの水揚げで日本一になったこともある。勝負飯は、やはりそのサケ。それも自家製のサケフレークだ。

「父が漁師で、小さいころからよく食べていました。焼いたあとで粗めにほぐして、ご飯にかけるのです。このフレークはオリンピックの時にも持って行きましたよ。おにぎりの具にして食べたりね。何だか気持ちが落ち着いて、頑張ろうというパワーもみなぎりました」

 自宅では、毎日おいしい魚を食べられた。寿司だって母が酢めしで握ってくれる。それが寿司屋よりもうまかった。

「そんな環境に育ったので、私は断然、魚派です。ただ、北海道を出て来てすぐのころは、こっちの魚に慣れなくて……。仕方がないから焼き肉など肉ばかり食べていました(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  2. 2

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  3. 3

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  4. 4

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  5. 5

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  6. 6

    ワークマン人気に群がるTV各局の安直な発想とそっくり演出

  7. 7

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  8. 8

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  9. 9

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  10. 10

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る