• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元Sスケート大菅小百合さんは自家製サケフレークが勝負飯

 冬季はスピードスケート、夏季は自転車で五輪出場を果たした二刀流のアスリート。本職のスケートは、09年に小平奈緒選手に抜かれるまで、女子500メートルの日本記録保持者だった。

 そんな大菅さんは、北海道のオホーツク海に面した標津町で育った。サケを中心とする漁業が盛んな町で、秋サケの水揚げで日本一になったこともある。勝負飯は、やはりそのサケ。それも自家製のサケフレークだ。

「父が漁師で、小さいころからよく食べていました。焼いたあとで粗めにほぐして、ご飯にかけるのです。このフレークはオリンピックの時にも持って行きましたよ。おにぎりの具にして食べたりね。何だか気持ちが落ち着いて、頑張ろうというパワーもみなぎりました」

 自宅では、毎日おいしい魚を食べられた。寿司だって母が酢めしで握ってくれる。それが寿司屋よりもうまかった。

「そんな環境に育ったので、私は断然、魚派です。ただ、北海道を出て来てすぐのころは、こっちの魚に慣れなくて……。仕方がないから焼き肉など肉ばかり食べていました(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  8. 8

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    お蔵入り乗り越え 妻夫木聡&井上真央「乱反射」 の舞台裏

もっと見る