米国は1%で日本は1割も…なぜ女子大はなくならないのか

公開日:

 もはや「性は2つ」とは言えない時代だ。

 お茶の水女子大では、2020年度の入学者からトランスジェンダーを受け入れるという。出願の要件に「戸籍、または性自認が女子の場合」と明記するらしい。

 もっとも日本の教育現場では、いまだに性差別が根強い。東京医科大の不正入試をめぐる女子減点問題は、まさにその象徴だ。それに日本は先進国の中でも女子大が多いことで知られる。

 武庫川女子大教育研究所の安東由則氏のリポートによると、国内の全大学777校のうち、女子大は77校と1割を占める(2016年時点)。

 それに対し、米国では4年制3011校のうち39校、韓国では226校のうち7校と、1~3%ほど。そもそも先進国で女子大が存在するのは、少数派だという。

 日本もピーク時と比べて21校減ったというが、トップレベルの“女子大大国”というわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る