米国は1%で日本は1割も…なぜ女子大はなくならないのか

公開日:

 もはや「性は2つ」とは言えない時代だ。

 お茶の水女子大では、2020年度の入学者からトランスジェンダーを受け入れるという。出願の要件に「戸籍、または性自認が女子の場合」と明記するらしい。

 もっとも日本の教育現場では、いまだに性差別が根強い。東京医科大の不正入試をめぐる女子減点問題は、まさにその象徴だ。それに日本は先進国の中でも女子大が多いことで知られる。

 武庫川女子大教育研究所の安東由則氏のリポートによると、国内の全大学777校のうち、女子大は77校と1割を占める(2016年時点)。

 それに対し、米国では4年制3011校のうち39校、韓国では226校のうち7校と、1~3%ほど。そもそも先進国で女子大が存在するのは、少数派だという。

 日本もピーク時と比べて21校減ったというが、トップレベルの“女子大大国”というわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る