米国は1%で日本は1割も…なぜ女子大はなくならないのか

公開日: 更新日:

 もはや「性は2つ」とは言えない時代だ。

 お茶の水女子大では、2020年度の入学者からトランスジェンダーを受け入れるという。出願の要件に「戸籍、または性自認が女子の場合」と明記するらしい。

 もっとも日本の教育現場では、いまだに性差別が根強い。東京医科大の不正入試をめぐる女子減点問題は、まさにその象徴だ。それに日本は先進国の中でも女子大が多いことで知られる。

 武庫川女子大教育研究所の安東由則氏のリポートによると、国内の全大学777校のうち、女子大は77校と1割を占める(2016年時点)。

 それに対し、米国では4年制3011校のうち39校、韓国では226校のうち7校と、1~3%ほど。そもそも先進国で女子大が存在するのは、少数派だという。

 日本もピーク時と比べて21校減ったというが、トップレベルの“女子大大国”というわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  2. 2

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  3. 3

    親の介護のために定年退職後はアルバイトを続けてきたが…

  4. 4

    夫フジモンは男を上げる格好に「男は黙って離婚」が正解か

  5. 5

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    阿部慎之助はこうして高等技術「ツイスト打法」を会得した

  8. 8

    官僚のみなさん怒ったら? どこまでも上から目線の菅長官

  9. 9

    「私なら辞める」河井案里議員は自分の発言を忘れたのか?

  10. 10

    梅宮辰夫が役者になった目的4つ いい女を抱く、酒を飲む…

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る