成婚カップルが4割増 若い男女が「結婚相談所」に頼るワケ

公開日: 更新日:

 結婚相談所で結婚したカップルは4割増――日本結婚相手紹介サービス協議会が先日そう発表した。加盟する結婚相談所を利用して結婚した会員数が、2013年の2万1000人から、17年には2万9000人まで増加したという。

 今じゃ男性の約4人に1人、女性の7人に1人が生涯未婚(15年国勢調査)という過去最高の未婚時代に、結婚相談所は“活況”らしい。

「ドロンジョ」と「ブラック・ジャック」の婚活を描くユニークな広告で話題を呼んだ婚活総合支援サービス「パートナーエージェント」広報担当の平田恵氏が言う。

「大手企業が業界に参入したことで全体が底上げされ、結婚相談所を利用する会員数は増加しているようです。弊社でも、20代の若い会員さまは増加傾向です」

 平成生まれの世代は、幼い頃からスマホやSNSになじんでおり、ネット上のマッチングアプリを使って恋人を探すことにも抵抗は少ない。結婚相談所に対しても、ネガティブなイメージというより、結婚したい人が利用するところとフツーに捉えているらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

もっと見る