ミスキャンパスにも誘惑が…AV出演“身バレ”のその後

公開日: 更新日:

 女子大生がAVに出演と聞いてもイマドキ驚きもしない。が、「女性の美徳や品格」をうたう創立100年超の都内名門女子大で、ミスキャンパスの“ファイナリスト”だった現役女子大生となると、穏やかじゃない。

「仮にA子さんとしますが、今年2月に発売された素人モノに出ている女子大生が〈彼女にそっくり〉と、ネット上で騒ぎになったんです。〈この子は美形だ〉〈かわいいし初々しい〉などとユーザーレビューも上々で、〈輪郭やホクロの位置も一致〉などと盛り上がっていました」(AV業界関係者)

 騒動は一部週刊誌でも報じられ、日刊ゲンダイの記者も話題のAVを観賞したが、ねっとりした愛撫を交わしてあえぎまくる推定Dカップのスレンダー美女は、確かにA子さんによく似ている。

 アルバイト感覚でこっそりAVに出演したつもりが、身バレ(身元がバレる)……たまに耳にする話だが、いずれにせよ、AV出演疑惑をかけられたA子さんは就活に影響が出る恐れもあるから、大変だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

もっと見る