出口保行さん<3>「殺人」より「万引」分析のほうが難しい

公開日:

 東京拘置所には2年間勤務した。当時は、勾留される人数が多く、1日平均で3000人近く入っていたという。

「犯罪者は、毎日のように刑が確定し、各刑務所に移送されるわけです。私の仕事は、彼らを片っ端から分析していくことでした。鑑別所や刑務所の時とは異なり、1人を深くというよりは、数をこなす作業。短時間で目の前の人物の人間性や何が問題の根底にあるのかを見分けていったのです」

 刑務所はどこも同じではなく、受刑者向けにやっていることも違う。同じ犯罪者でも更生に適した刑務所はそれぞれだ。

「何をしてやるのが社会復帰につながるのかという目線で見分けていくわけです。1日数十人の犯罪者に向き合っていたので、自然と、人の本質を瞬時で分析する能力が磨かれました」

 受刑者は、刑務所にいる間は保護されているが、外に出された後は援助されない。そんな中でも罪を犯さず暮らしていけるために、問題を分析して更生させるのだ。間違いは許されないからこそ、「判断が正しかったのかと思うことは何度もありました」と振り返る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る