山崎元さん<1>転職12回 スタートの三菱商事は4年で退社

公開日:

 テレビ、新聞、雑誌、書籍など、多くのメディアで経済問題を論評してきた山崎さんは、1981年に東大経済学部を卒業した。新卒で入社したのは三菱商事。そこから転職すること12回、80年代後半からは副業も始めている。多種多様な働き方を認めようという「働き方改革」のパイオニアだ。

「漠然と公務員が嫌いだったので、普通の会社に就職しようと考えていました。ただ、船や鉄道、化学製品など、これといって好きなことがなかったので、経済を見られる場所として商社を選んだんです。やりたいことのイメージは、為替のディーリング。ゲーム性があるし、はっきりと結果が出るモノをやりたいと思っていました。勝負事が好きだったんですよ。将棋、囲碁、競馬が趣味で、大学も将棋部でしたからね」

 三菱商事には、「財務部に入れてやる」という口約束もあって入社。2年目で為替のディーラーに抜擢された。サラリーマンとして充実した日々を送っていたが、ある時、上司の決算操作を見つけてしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る