山崎元さん<1>転職12回 スタートの三菱商事は4年で退社

公開日: 更新日:

 テレビ、新聞、雑誌、書籍など、多くのメディアで経済問題を論評してきた山崎さんは、1981年に東大経済学部を卒業した。新卒で入社したのは三菱商事。そこから転職すること12回、80年代後半からは副業も始めている。多種多様な働き方を認めようという「働き方改革」のパイオニアだ。

「漠然と公務員が嫌いだったので、普通の会社に就職しようと考えていました。ただ、船や鉄道、化学製品など、これといって好きなことがなかったので、経済を見られる場所として商社を選んだんです。やりたいことのイメージは、為替のディーリング。ゲーム性があるし、はっきりと結果が出るモノをやりたいと思っていました。勝負事が好きだったんですよ。将棋、囲碁、競馬が趣味で、大学も将棋部でしたからね」

 三菱商事には、「財務部に入れてやる」という口約束もあって入社。2年目で為替のディーラーに抜擢された。サラリーマンとして充実した日々を送っていたが、ある時、上司の決算操作を見つけてしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る