ラジカル鈴木さん<1>出前の店屋物が“残業手当”代わり

公開日:

「3歳から画材に囲まれて育ったので、絵を描いて食べていきたい、とは漠然と思っていました」

 こう語るのは、ポップなキャラクターが印象的なイラストレーターのラジカル鈴木さん。国内外のコンテストで数多くの受賞歴があり、海外のファンも少なくない。雑誌などで、一度、目にすると、絶対に忘れないキャラ設定が受けるのだろう。

 バブル真っ盛りの1985年、高校を卒業すると、迷うことなくデザイン学校へ。学校の紹介のアルバイトで、その世界を歩み始める。

「一応、デザイン会社という紹介でしたが、今思えば単なる版下屋さん。トレスコープで写植文字を焼き付けたり、台紙にトレペ(トレーシングペーパー)をかけて指示を書き込んだり。ゼロから教わって、おカネももらえるので、楽しかったですよ。でも、今思えば、まったくデザインではありませんでしたが、『デザインとは、こういうことなんだ』と思い込んでいたんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る