ラジカル鈴木さん<1>出前の店屋物が“残業手当”代わり

公開日: 更新日:

「3歳から画材に囲まれて育ったので、絵を描いて食べていきたい、とは漠然と思っていました」

 こう語るのは、ポップなキャラクターが印象的なイラストレーターのラジカル鈴木さん。国内外のコンテストで数多くの受賞歴があり、海外のファンも少なくない。雑誌などで、一度、目にすると、絶対に忘れないキャラ設定が受けるのだろう。

 バブル真っ盛りの1985年、高校を卒業すると、迷うことなくデザイン学校へ。学校の紹介のアルバイトで、その世界を歩み始める。

「一応、デザイン会社という紹介でしたが、今思えば単なる版下屋さん。トレスコープで写植文字を焼き付けたり、台紙にトレペ(トレーシングペーパー)をかけて指示を書き込んだり。ゼロから教わって、おカネももらえるので、楽しかったですよ。でも、今思えば、まったくデザインではありませんでしたが、『デザインとは、こういうことなんだ』と思い込んでいたんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    談志師匠から今度は「上納金」60万円催促の電話がかかり…

もっと見る