ラジカル鈴木さん<1>出前の店屋物が“残業手当”代わり

公開日:

「3歳から画材に囲まれて育ったので、絵を描いて食べていきたい、とは漠然と思っていました」

 こう語るのは、ポップなキャラクターが印象的なイラストレーターのラジカル鈴木さん。国内外のコンテストで数多くの受賞歴があり、海外のファンも少なくない。雑誌などで、一度、目にすると、絶対に忘れないキャラ設定が受けるのだろう。

 バブル真っ盛りの1985年、高校を卒業すると、迷うことなくデザイン学校へ。学校の紹介のアルバイトで、その世界を歩み始める。

「一応、デザイン会社という紹介でしたが、今思えば単なる版下屋さん。トレスコープで写植文字を焼き付けたり、台紙にトレペ(トレーシングペーパー)をかけて指示を書き込んだり。ゼロから教わって、おカネももらえるので、楽しかったですよ。でも、今思えば、まったくデザインではありませんでしたが、『デザインとは、こういうことなんだ』と思い込んでいたんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る