出口保行さん<1>法務省矯正局に配属 少年鑑別所を回った

公開日: 更新日:

 テレビの年間出演数は300本以上。報道・情報番組で犯罪者の心理を分析・解説したり、バラエティー番組にも出演する。2007年に22年間務めた法務省を退官し、学者に転身した。法務省時代には、心理職として1万人超の犯罪者と向き合ってきた。

「国家公務員で心理職があるのは法務省と厚労省。東京学芸大大学院のときにお世話になった指導教官の同級生が数人、法務省に心理職として入っていたこともあり、鑑別所などの仕事に関心がありました。まさか、希望の職種になれるとは思ってなかったので運が良かったです」

 大学時代の研究テーマは共感性。簡単に言えば、思いやりの研究だ。

「例えば、非行少年の思いやりは低いのか、という単純な仮説を立てて、実際に少年に会って話したりするんです。仮説と実務の両側面から研究しました」

 1985年に入省。矯正局に配属されて、青森、横浜、高知、松山の少年鑑別所を回った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  4. 4

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  7. 7

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  8. 8

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  9. 9

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  10. 10

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る