塩田武士さん<1>「キミがなんで残ったか分からん」

公開日: 更新日:

 大学時代に松本清張や山崎豊子の書を愛読し、社会派作家を目指したという塩田さん。「小説家になるために就職したので、新聞社しか受けていません。新聞記者になる以外は意味がないと思い込んでいました」と振り返る。

 ただし、全国紙はことごとく落ちてしまった。最後の1社は神戸新聞社。面接官は学生1人に対し、6、7人いた。

「履歴書に『興味のあること』を書く欄があって、地域スポーツについて、今後の5年を予測したんです。当然、5年間の中身について聞かれると思って準備して臨んだんですが、ある面接官が『キミ、テーマを“今後5年”とした根拠を説明してくれ』と言うんです。そこは適当だったんで、頭が真っ白になり、何も言えなくなりました」

“就職浪人”が頭をよぎる。パニックになった。

「僕があまりに黙っていると、面接官から『キミさあ、今後5年って書いたら、なんか具体的に聞こえると思って書いたんちゃうの?』って指摘されたんです。本当にその通りだったんですよ。『これ面接対策のいやらしいテクニックやないか?』って怒られました。そのときに、“落ちた”と思ったんですよ。もういいやと思って、『おっしゃる通り、そもそも僕、いやらしい人間なんです』と開き直ったら、これがウケて、『あれ?』と思ったときに、面接官同士が『新聞記者はいやらしなかったらでけへんからなあ』って、急にばーっと盛り上がったんです。そこが神戸新聞の人間的な緩さなんですよね。『あれ、この会社、うまくやっていけるかも』と思っていたら、通過の電話がかかってきました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る