塩田武士さん<1>「キミがなんで残ったか分からん」

公開日:

 大学時代に松本清張や山崎豊子の書を愛読し、社会派作家を目指したという塩田さん。「小説家になるために就職したので、新聞社しか受けていません。新聞記者になる以外は意味がないと思い込んでいました」と振り返る。

 ただし、全国紙はことごとく落ちてしまった。最後の1社は神戸新聞社。面接官は学生1人に対し、6、7人いた。

「履歴書に『興味のあること』を書く欄があって、地域スポーツについて、今後の5年を予測したんです。当然、5年間の中身について聞かれると思って準備して臨んだんですが、ある面接官が『キミ、テーマを“今後5年”とした根拠を説明してくれ』と言うんです。そこは適当だったんで、頭が真っ白になり、何も言えなくなりました」

“就職浪人”が頭をよぎる。パニックになった。

「僕があまりに黙っていると、面接官から『キミさあ、今後5年って書いたら、なんか具体的に聞こえると思って書いたんちゃうの?』って指摘されたんです。本当にその通りだったんですよ。『これ面接対策のいやらしいテクニックやないか?』って怒られました。そのときに、“落ちた”と思ったんですよ。もういいやと思って、『おっしゃる通り、そもそも僕、いやらしい人間なんです』と開き直ったら、これがウケて、『あれ?』と思ったときに、面接官同士が『新聞記者はいやらしなかったらでけへんからなあ』って、急にばーっと盛り上がったんです。そこが神戸新聞の人間的な緩さなんですよね。『あれ、この会社、うまくやっていけるかも』と思っていたら、通過の電話がかかってきました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る