塩田武士さん<1>「キミがなんで残ったか分からん」

公開日: 更新日:

 大学時代に松本清張や山崎豊子の書を愛読し、社会派作家を目指したという塩田さん。「小説家になるために就職したので、新聞社しか受けていません。新聞記者になる以外は意味がないと思い込んでいました」と振り返る。

 ただし、全国紙はことごとく落ちてしまった。最後の1社は神戸新聞社。面接官は学生1人に対し、6、7人いた。

「履歴書に『興味のあること』を書く欄があって、地域スポーツについて、今後の5年を予測したんです。当然、5年間の中身について聞かれると思って準備して臨んだんですが、ある面接官が『キミ、テーマを“今後5年”とした根拠を説明してくれ』と言うんです。そこは適当だったんで、頭が真っ白になり、何も言えなくなりました」

“就職浪人”が頭をよぎる。パニックになった。

「僕があまりに黙っていると、面接官から『キミさあ、今後5年って書いたら、なんか具体的に聞こえると思って書いたんちゃうの?』って指摘されたんです。本当にその通りだったんですよ。『これ面接対策のいやらしいテクニックやないか?』って怒られました。そのときに、“落ちた”と思ったんですよ。もういいやと思って、『おっしゃる通り、そもそも僕、いやらしい人間なんです』と開き直ったら、これがウケて、『あれ?』と思ったときに、面接官同士が『新聞記者はいやらしなかったらでけへんからなあ』って、急にばーっと盛り上がったんです。そこが神戸新聞の人間的な緩さなんですよね。『あれ、この会社、うまくやっていけるかも』と思っていたら、通過の電話がかかってきました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  2. 2

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  3. 3

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  7. 7

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  10. 10

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

もっと見る