出口保行さん<2>ワル中のワルも8割以上は戻ってこない

公開日:

 これまで1万人以上の犯罪者に向き合ったが、誰一人として同じタイプはいなかった。理解するには、数多くの仮説を立てなければならない。少年鑑別所にいた時は、個々人に合った矯正プログラムを作るのも仕事だった。

「非行少年の犯罪心理を分析して『鑑別結果通知書』という公文書を作って家庭裁判所に送りました。『少年院に送るべき』とか、『家に帰してもいい』とかの意見も書くので、人生を左右する書類です。もちろん、最終判断は裁判官ですが、心理分析はこちらの仕事。少年院送致が決まったら、自分の分析結果に基づいて、少年にどんな教育をすればいいかを記した公文書を作ります。そこから少年院は矯正教育のプログラムを立てていく。少年院まで行く子は全体の数%。つまり、ワル中のワルが行くのですが、たった1年いるだけで、83%は戻ってこない。更生率は高いんです。そのベースには、分析に基づいた教育があるんです。やりがいのある仕事ですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る