• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

出口保行さん<2>ワル中のワルも8割以上は戻ってこない

 これまで1万人以上の犯罪者に向き合ったが、誰一人として同じタイプはいなかった。理解するには、数多くの仮説を立てなければならない。少年鑑別所にいた時は、個々人に合った矯正プログラムを作るのも仕事だった。

「非行少年の犯罪心理を分析して『鑑別結果通知書』という公文書を作って家庭裁判所に送りました。『少年院に送るべき』とか、『家に帰してもいい』とかの意見も書くので、人生を左右する書類です。もちろん、最終判断は裁判官ですが、心理分析はこちらの仕事。少年院送致が決まったら、自分の分析結果に基づいて、少年にどんな教育をすればいいかを記した公文書を作ります。そこから少年院は矯正教育のプログラムを立てていく。少年院まで行く子は全体の数%。つまり、ワル中のワルが行くのですが、たった1年いるだけで、83%は戻ってこない。更生率は高いんです。そのベースには、分析に基づいた教育があるんです。やりがいのある仕事ですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る