出口保行さん<2>ワル中のワルも8割以上は戻ってこない

公開日: 更新日:

 これまで1万人以上の犯罪者に向き合ったが、誰一人として同じタイプはいなかった。理解するには、数多くの仮説を立てなければならない。少年鑑別所にいた時は、個々人に合った矯正プログラムを作るのも仕事だった。

「非行少年の犯罪心理を分析して『鑑別結果通知書』という公文書を作って家庭裁判所に送りました。『少年院に送るべき』とか、『家に帰してもいい』とかの意見も書くので、人生を左右する書類です。もちろん、最終判断は裁判官ですが、心理分析はこちらの仕事。少年院送致が決まったら、自分の分析結果に基づいて、少年にどんな教育をすればいいかを記した公文書を作ります。そこから少年院は矯正教育のプログラムを立てていく。少年院まで行く子は全体の数%。つまり、ワル中のワルが行くのですが、たった1年いるだけで、83%は戻ってこない。更生率は高いんです。そのベースには、分析に基づいた教育があるんです。やりがいのある仕事ですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  4. 4

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  7. 7

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  8. 8

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

  9. 9

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  10. 10

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る