出口保行さん<4>“技術職”出身が異例の秘書課勤務に

公開日: 更新日:

 法務省にいた22年間のうち、2年間は法務大臣官房の秘書課にいた。通常は法律や行政キャリアのポジションだ。心理職が起用されることの少ない“異例”の配属。任されたのは秘書課国際室の責任者だった。

「辞令が出る前の2年間は、民間の研究所に出向していました。それより前に半年間、研修で国連に行ったこともあったので、いずれは国際系の仕事をするのかなとは思っていたものの、辞令をもらった瞬間は『私は心理職ですよ?』『秘書課ってどこにあるんですか?』って聞いてしまいました。部署があることは知っていますけど、誰がやっているのか、どこに部屋があるのかなんて分かりません。心理職にとって最も幸せなのは、分析しながら論文を書いてご飯を食べられること。秘書課配属で得なことなんてありません。現場を外れるのが一番嫌ですからね」

 国際室は国際条約の締結の仕事を担う部署だ。出口さんは「化学兵器禁止条約」や「生物兵器禁止条約」の締結作業に関わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  10. 10

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

もっと見る