出口保行さん<4>“技術職”出身が異例の秘書課勤務に

公開日: 更新日:

 法務省にいた22年間のうち、2年間は法務大臣官房の秘書課にいた。通常は法律や行政キャリアのポジションだ。心理職が起用されることの少ない“異例”の配属。任されたのは秘書課国際室の責任者だった。

「辞令が出る前の2年間は、民間の研究所に出向していました。それより前に半年間、研修で国連に行ったこともあったので、いずれは国際系の仕事をするのかなとは思っていたものの、辞令をもらった瞬間は『私は心理職ですよ?』『秘書課ってどこにあるんですか?』って聞いてしまいました。部署があることは知っていますけど、誰がやっているのか、どこに部屋があるのかなんて分かりません。心理職にとって最も幸せなのは、分析しながら論文を書いてご飯を食べられること。秘書課配属で得なことなんてありません。現場を外れるのが一番嫌ですからね」

 国際室は国際条約の締結の仕事を担う部署だ。出口さんは「化学兵器禁止条約」や「生物兵器禁止条約」の締結作業に関わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  4. 4

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  8. 8

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  9. 9

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  10. 10

    嵐・櫻井翔が24日に都内高級ホテルで結納?怪情報が拡散中

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る