出口保行さん<4>“技術職”出身が異例の秘書課勤務に

公開日: 更新日:

 法務省にいた22年間のうち、2年間は法務大臣官房の秘書課にいた。通常は法律や行政キャリアのポジションだ。心理職が起用されることの少ない“異例”の配属。任されたのは秘書課国際室の責任者だった。

「辞令が出る前の2年間は、民間の研究所に出向していました。それより前に半年間、研修で国連に行ったこともあったので、いずれは国際系の仕事をするのかなとは思っていたものの、辞令をもらった瞬間は『私は心理職ですよ?』『秘書課ってどこにあるんですか?』って聞いてしまいました。部署があることは知っていますけど、誰がやっているのか、どこに部屋があるのかなんて分かりません。心理職にとって最も幸せなのは、分析しながら論文を書いてご飯を食べられること。秘書課配属で得なことなんてありません。現場を外れるのが一番嫌ですからね」

 国際室は国際条約の締結の仕事を担う部署だ。出口さんは「化学兵器禁止条約」や「生物兵器禁止条約」の締結作業に関わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

  10. 10

    デンマークなぜキャッシュレス大国に 在日大使館に聞いた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る