• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

出口保行さん<4>“技術職”出身が異例の秘書課勤務に

 法務省にいた22年間のうち、2年間は法務大臣官房の秘書課にいた。通常は法律や行政キャリアのポジションだ。心理職が起用されることの少ない“異例”の配属。任されたのは秘書課国際室の責任者だった。

「辞令が出る前の2年間は、民間の研究所に出向していました。それより前に半年間、研修で国連に行ったこともあったので、いずれは国際系の仕事をするのかなとは思っていたものの、辞令をもらった瞬間は『私は心理職ですよ?』『秘書課ってどこにあるんですか?』って聞いてしまいました。部署があることは知っていますけど、誰がやっているのか、どこに部屋があるのかなんて分かりません。心理職にとって最も幸せなのは、分析しながら論文を書いてご飯を食べられること。秘書課配属で得なことなんてありません。現場を外れるのが一番嫌ですからね」

 国際室は国際条約の締結の仕事を担う部署だ。出口さんは「化学兵器禁止条約」や「生物兵器禁止条約」の締結作業に関わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    池谷幸雄氏が激白 塚原夫妻“権力の実態”と体操協会の暗部

  10. 10

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

もっと見る