浅野史郎さん<1>厚生省の研修でハッとさせられた言葉

公開日: 更新日:

 神奈川大で地方自治論などを講義する一方、モリカケ疑惑についても積極的にコメント。宮城県知事を3期務めた改革派は、古希を迎えた今なお歯に衣着せぬ発言であちこちに引っ張りダコだ。そんなキャリアは1970年、厚生省からスタートした。

「僕の学生時代は、東大紛争の真っただ中でした。特に3年生のときは全10学部が無期限ストに突入し、ほとんど授業がなかった。だからといって、紛争活動に精を出すわけでもなく、遊ぶわけでもない。勉強することもない。どっちつかずで、早く卒業したかった」

 何も制約がなかったがゆえ、就職して制約を受けたかったという。

「周りが受けるからとりあえず銀行の面接を受けてみたら、トントン拍子で面接が進みましてね。でも、ふとむなしさがこみ上げてきたんです」

 1973年、小坂明子の「あなた」がヒットする。入省3年目の曲だったが、その歌詞と就活中の心象風景に重なる部分があったそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  3. 3

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  6. 6

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  9. 9

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  10. 10

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

もっと見る