玄侑宗久さん<1>学生の身分を隠してナイトクラブで働いた

公開日:

 2001年、「中陰の花」で第125回芥川賞を受賞した玄侑宗久さん。作家として精力的に創作活動を続ける一方で、福島県三春町にある福聚寺の住職も務める。作家になる前は、サラリーマン経験もあって……。

 玄侑さんが初めて給料をもらったのは、慶応大学文学部在学中だと笑う。それって、アルバイトじゃないのか。

「アルバイトといわれると不本意、かな。もうちょっと本気だったし、学生の身分を明かさないで働いていたし。いや、学生といってしまうと、ちゃんとした仕事を経験できないんじゃないかと、そう考えていた。

 何より、月曜から土曜までの毎日、夕方5時から夜の12時半近くまで働いていたんだから、これはもうバイトとはいえませんね。ハハハ」

 話を聞いたのは、福島県三春町にある禅宗の古刹、福聚寺の本堂である。天井が高く、広い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る