玄侑宗久さん<1>学生の身分を隠してナイトクラブで働いた

公開日:

 2001年、「中陰の花」で第125回芥川賞を受賞した玄侑宗久さん。作家として精力的に創作活動を続ける一方で、福島県三春町にある福聚寺の住職も務める。作家になる前は、サラリーマン経験もあって……。

 玄侑さんが初めて給料をもらったのは、慶応大学文学部在学中だと笑う。それって、アルバイトじゃないのか。

「アルバイトといわれると不本意、かな。もうちょっと本気だったし、学生の身分を明かさないで働いていたし。いや、学生といってしまうと、ちゃんとした仕事を経験できないんじゃないかと、そう考えていた。

 何より、月曜から土曜までの毎日、夕方5時から夜の12時半近くまで働いていたんだから、これはもうバイトとはいえませんね。ハハハ」

 話を聞いたのは、福島県三春町にある禅宗の古刹、福聚寺の本堂である。天井が高く、広い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る