高須基仁さん<1>プラレールを大ヒットさせた“逆転の発想”

公開日:

 ヘアヌード全盛期、“脱がせ屋”の異名を取った高須さん。時に過激な言動から好戦的にもみられるが、普段は物腰柔らかな人物だ。玩具メーカーのトミー社員時代は、「トミカ」「プラレール」などの大ヒット商品を世に送り出している。

「写真は、江古田の4畳半一間のアパートで写したもの。中央大学1年の頃のものです」

 新橋の出版社で会った高須さん、まずはこう言った。背後には中大「白門祭」のポスター。この頃はまだ70年安保闘争の夜明け前だったことがうかがえる。

「父親は12人きょうだいの9番目。婿養子として母の実家のある掛川市に来て、私はそこで18歳まで育ちました。掛川は遠州灘に面した交通の要衝であり、旧市街は商人としての気風が強かった。親の教育意識も高く、二宮尊徳の『至誠』『勤労』『分度』『推譲』の報徳の教えは、幼い子供たちにまで浸透しています。私も三つ子の魂で、積小為大という勤労の教えは今も身に染み込んでいて、だからこそ今も働きづめなのでしょうね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  7. 7

    日清食品が駅伝撤退の波紋 錦織&大坂との巨額契約も負担か

  8. 8

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    協議打ち切り…日韓レーダー照射問題をこじらせた政治の罪

もっと見る