高須基仁さん<1>プラレールを大ヒットさせた“逆転の発想”

公開日: 更新日:

 ヘアヌード全盛期、“脱がせ屋”の異名を取った高須さん。時に過激な言動から好戦的にもみられるが、普段は物腰柔らかな人物だ。玩具メーカーのトミー社員時代は、「トミカ」「プラレール」などの大ヒット商品を世に送り出している。

「写真は、江古田の4畳半一間のアパートで写したもの。中央大学1年の頃のものです」

 新橋の出版社で会った高須さん、まずはこう言った。背後には中大「白門祭」のポスター。この頃はまだ70年安保闘争の夜明け前だったことがうかがえる。

「父親は12人きょうだいの9番目。婿養子として母の実家のある掛川市に来て、私はそこで18歳まで育ちました。掛川は遠州灘に面した交通の要衝であり、旧市街は商人としての気風が強かった。親の教育意識も高く、二宮尊徳の『至誠』『勤労』『分度』『推譲』の報徳の教えは、幼い子供たちにまで浸透しています。私も三つ子の魂で、積小為大という勤労の教えは今も身に染み込んでいて、だからこそ今も働きづめなのでしょうね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  7. 7

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  8. 8

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る