パソコンは打たない68歳 桜田義孝大臣は高齢者でも少数派

公開日:

「自分でパソコンを打つことはない」――サイバーセキュリティー基本法改正案を担当する桜田義孝大臣(68)の発言が物議を醸している。

 そんな状況でサイバー空間の問題を理解できるのかと聞かれると、「私の事務所や国が総力を挙げてやること。落ち度はない」とワケの分からない弁明をした。

 確かに高齢者は、パソコンやインターネットを活用する割合が相対的に低い。ただし、本当に使わないのは少数派だ。これは各種のデータからもはっきりしている。

 内閣府の「主要耐久消費財等の普及・保有状況」(17年3月末現在)によると、2人以上世帯のパソコンの普及率は76.7%。この数字は70歳以上になるとガクンと下がるためで、桜田大臣が含まれる60~69歳は80.4%に上る。衣類乾燥機(2人以上世帯の全体で56.3%)、食洗機(同32.4%)の普及率を上回り、乗用車(79.1%)に匹敵する高い数字だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る