パソコンは打たない68歳 桜田義孝大臣は高齢者でも少数派

公開日: 更新日:

「自分でパソコンを打つことはない」――サイバーセキュリティー基本法改正案を担当する桜田義孝大臣(68)の発言が物議を醸している。

 そんな状況でサイバー空間の問題を理解できるのかと聞かれると、「私の事務所や国が総力を挙げてやること。落ち度はない」とワケの分からない弁明をした。

 確かに高齢者は、パソコンやインターネットを活用する割合が相対的に低い。ただし、本当に使わないのは少数派だ。これは各種のデータからもはっきりしている。

 内閣府の「主要耐久消費財等の普及・保有状況」(17年3月末現在)によると、2人以上世帯のパソコンの普及率は76.7%。この数字は70歳以上になるとガクンと下がるためで、桜田大臣が含まれる60~69歳は80.4%に上る。衣類乾燥機(2人以上世帯の全体で56.3%)、食洗機(同32.4%)の普及率を上回り、乗用車(79.1%)に匹敵する高い数字だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る