村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

公開日:

 作家の村上春樹氏が、母校の早稲田大で37年ぶりに記者会見し話題になっている(1975年に文学部を卒業)。同じ作家では角田光代氏、シナリオライターの北川悦吏子氏、映画監督の是枝裕和氏も早大文学部出身。本紙・日刊ゲンダイ連載中の五木寛之氏もそうだ。

 ライバルの慶大の文学部は、遠藤周作氏や荻野アンナ氏、池井戸潤氏らを輩出しているが、最近活躍している人は早大文学部出身者が目立つ。なぜ文学や文芸の世界では、早大文学部出身者が多いのか?

「分母となる出身学生数が違うので一概には比較できませんが、早大は昔からバンカラな校風で、個の多様性を大事にする気風があります。特に文学部が1970年代まで作家の登竜門的な存在だったことも理由のひとつでしょう」と言うのは、「早稲田と慶應の研究」(小学館新書)の著者、オバタカズユキ氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  10. 10

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

もっと見る