「死ぬのがそんなに迷惑か?」という居直りこそが人の尊厳

公開日: 更新日:

 週刊誌や新聞にあふれる「終活」の文字。「『幸福な最期』迎える作法」(サンデー毎日)、「ボケたら、死んだら手続き地獄が待っている」(女性セブン)と、ご丁寧に“死に方”の解説までしてくれる。だが、腹が減ったらご飯を食べるし、時が来れば誰だって死ぬ。余計なお世話にも思える。

  ◇  ◇  ◇

「これで最後『終活年賀状』…感謝添えて区切り」(朝日新聞)――。

 こんな記事が最近多くの読者に読まれている。その背景には、年寄りは世間の邪魔にならないようにつつましく生き、死んだ後も家族に迷惑をかけてはいけないという現役世代の都合がある。

 そして「老害」批判もよく見かける。選挙にも行かないような若者が、高齢者を批判して留飲を下げる。クレーマーの多くは高齢者といった話もでっち上げの類いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  6. 6

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  7. 7

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  8. 8

    弟弟子の小朝が36人抜きで真打ち「師匠は伝えにくかった」

  9. 9

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  10. 10

    今年の大阪国際女子は「マラソンにあらず」元陸連幹部激怒

もっと見る