「死ぬのがそんなに迷惑か?」という居直りこそが人の尊厳

公開日: 更新日:

 週刊誌や新聞にあふれる「終活」の文字。「『幸福な最期』迎える作法」(サンデー毎日)、「ボケたら、死んだら手続き地獄が待っている」(女性セブン)と、ご丁寧に“死に方”の解説までしてくれる。だが、腹が減ったらご飯を食べるし、時が来れば誰だって死ぬ。余計なお世話にも思える。

  ◇  ◇  ◇

「これで最後『終活年賀状』…感謝添えて区切り」(朝日新聞)――。

 こんな記事が最近多くの読者に読まれている。その背景には、年寄りは世間の邪魔にならないようにつつましく生き、死んだ後も家族に迷惑をかけてはいけないという現役世代の都合がある。

 そして「老害」批判もよく見かける。選挙にも行かないような若者が、高齢者を批判して留飲を下げる。クレーマーの多くは高齢者といった話もでっち上げの類いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    TVタックル主題歌で注目 東野純直さんはラーメン屋店主に

  10. 10

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る