法改正でどうなった “妻以外の相手”にカネを残す4つの方法

公開日: 更新日:

 日本では有名人の浮気や不倫を厳しく批判する風潮が強い。実際に愛人スキャンダルで干されてしまった人たちも少なくないが、現実社会では浮気・不倫は決して珍しいものではなく、むしろ当たり前だ。妻以外の相手と交際している中高年は少なくないし、自分が死ぬときはカネも残してあげたいと思う。それには、どんな手があるのか。

  ◇  ◇  ◇

■バカ正直な遺言はトラブルを招くリスク

 いちばん簡単な方法は遺言にその旨を記載することだ。

 最もポピュラーなスタイルは公証人が遺言を作成し公証役場で保管する「公正証書遺言」だが、年明けの法改正によって全て自分で作成する「自筆証書遺言」もやりやすくなった。

 改正前は、マンションの地番や銀行の口座番号などをすべて手書きする必要があり、ちょっとでも書き損じがあれば書き直したり、押印による修正が求められたりした。高齢者にはハードルが高かったのだ。そのうえ形式通りになっていなければ無効だとはじかれるので、せっかくの苦労が水の泡になってしまうことも珍しくなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  6. 6

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  7. 7

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  8. 8

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  9. 9

    今年の大阪国際女子は「マラソンにあらず」元陸連幹部激怒

  10. 10

    弟弟子の小朝が36人抜きで真打ち「師匠は伝えにくかった」

もっと見る