自分で築いた財産は残さず死ぬまでに使い切るという選択肢

公開日: 更新日:

 最近は、死亡した際に必要な手続きを懇切丁寧に紹介した記事を目にすることが多い。子供からすれば、親が死んでから慌てたくないという思いがあるし、子供に迷惑を掛けたくないと考える親も少なからずいるだろう。「葬儀代ぐらいは自分で……」――こんな高齢者向けの保険のCMを見かけることも増えた。だが、死ぬ時のことを考えてカネを残そうとする必要はない。自分が稼いで築いた財産であれば、堂々と使い切ればいいのだ。

 冠婚葬祭サービスの「くらしの友」の「2015年版現代葬儀白書」によると、葬儀費用の総額は平均212・1万円。小規模化の傾向が顕著になってきているため、5年前に比べて平均30万円ほど減少したそうだ。あなたが死ぬ頃には、必要な金額はもっと少なくなっている可能性が高い。それだけ子供の負担も軽くなっているはずだ。

 もしもあなたがまだ働いていて、国民健康保険や会社の健康保険などに入っている場合は、喪主が申請すれば葬祭費や埋葬費などの名目で補助金も受け取れる。金額は数万円程度だが、もらわないよりはマシだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  8. 8

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

もっと見る