自分で築いた財産は残さず死ぬまでに使い切るという選択肢

公開日: 更新日:

 最近は、死亡した際に必要な手続きを懇切丁寧に紹介した記事を目にすることが多い。子供からすれば、親が死んでから慌てたくないという思いがあるし、子供に迷惑を掛けたくないと考える親も少なからずいるだろう。「葬儀代ぐらいは自分で……」――こんな高齢者向けの保険のCMを見かけることも増えた。だが、死ぬ時のことを考えてカネを残そうとする必要はない。自分が稼いで築いた財産であれば、堂々と使い切ればいいのだ。

 冠婚葬祭サービスの「くらしの友」の「2015年版現代葬儀白書」によると、葬儀費用の総額は平均212・1万円。小規模化の傾向が顕著になってきているため、5年前に比べて平均30万円ほど減少したそうだ。あなたが死ぬ頃には、必要な金額はもっと少なくなっている可能性が高い。それだけ子供の負担も軽くなっているはずだ。

 もしもあなたがまだ働いていて、国民健康保険や会社の健康保険などに入っている場合は、喪主が申請すれば葬祭費や埋葬費などの名目で補助金も受け取れる。金額は数万円程度だが、もらわないよりはマシだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  5. 5

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  6. 6

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  7. 7

    前夫の浮気に子育ての苦労…菊池桃子「再婚」までの凸凹道

  8. 8

    NHK岩田明子氏に解散明言?永田町を駆けめぐる“メモ”の噂

  9. 9

    原監督が大城ベタ褒めで G小林に課せられる“世界一の捕手”

  10. 10

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る