田﨑史郎さん<5>梶山静六が言った「絶対は使うな」の重み

公開日: 更新日:

 キャップになってからも自分で取材していたという田﨑さん。

「後輩の記者が夜回りに出ると、こちらもたとえば金丸信さんに電話して話を聞くわけです。現場から上がってきた話と合わせてみると、情報の見分けがつく。ただ、部下にとっては嫌な上司だったでしょうね」と笑う。

 最も忙しかったのは、1989年1月7日の昭和天皇崩御の少し前、前年9月19日に吐血した直後からだった。田﨑さんはホテル生活が始まったという。

「僕はサブキャップで、不測の事態に備えて官邸近くのホテルで待機していました。2泊して3日目に自宅に帰り、翌日にまたホテルに泊まって……というペース。これは100日間続きました」

 当時は、4時間おきに体温と下血の量が発表された。崩御当日の1月7日もホテルに泊まっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  9. 9

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る