佐々木俊尚さん<1>肺炎でも休めなかった毎日新聞記者時代

公開日: 更新日:

 毎日新聞の記者を12年務め、アスキーで編集者として活躍後に独立。現在は電通総研のフェローやTOKYO FM「タイムライン」のMCも務める作家・ジャーナリストの佐々木俊尚さん(56)。3月には「広く弱くつながって生きる」(幻冬舎)を上梓した。会社員時代とフリーでは、生き方も変わったという。

 ◇  ◇  ◇

 1988年に入社した毎日新聞で最初に配属されたのは岐阜支局でした。新聞社は1つの部署が少人数で、岐阜支局は6人。人間関係は濃密で、徒弟制度的な世界でしたね。

 たとえば、新人のころ、春の選抜高校野球大会を担当したんですが、大会が終わって岐阜に戻ったときにかなり具合が悪くなり、病院に行ったら肺炎と診断されたんです。そのことを支局長に言うと「おまえ、そうやって俺を脅すつもりか!」と怒鳴られて、結局休みをもらえなかった。当時は、そんなことも日常茶飯事でしたね。心を病む記者はとても多かった。退職したり、第一線の記者としてやれないと内勤に行ったりするケースも珍しくなかったですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  7. 7

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る