佐々木俊尚さん<1>肺炎でも休めなかった毎日新聞記者時代

公開日:

 毎日新聞の記者を12年務め、アスキーで編集者として活躍後に独立。現在は電通総研のフェローやTOKYO FM「タイムライン」のMCも務める作家・ジャーナリストの佐々木俊尚さん(56)。3月には「広く弱くつながって生きる」(幻冬舎)を上梓した。会社員時代とフリーでは、生き方も変わったという。

 ◇  ◇  ◇

 1988年に入社した毎日新聞で最初に配属されたのは岐阜支局でした。新聞社は1つの部署が少人数で、岐阜支局は6人。人間関係は濃密で、徒弟制度的な世界でしたね。

 たとえば、新人のころ、春の選抜高校野球大会を担当したんですが、大会が終わって岐阜に戻ったときにかなり具合が悪くなり、病院に行ったら肺炎と診断されたんです。そのことを支局長に言うと「おまえ、そうやって俺を脅すつもりか!」と怒鳴られて、結局休みをもらえなかった。当時は、そんなことも日常茶飯事でしたね。心を病む記者はとても多かった。退職したり、第一線の記者としてやれないと内勤に行ったりするケースも珍しくなかったですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る