何度も生死の境をさまよい…2歳男児のハロウィーン晴れ姿!

公開日: 更新日:

 これまでに何回も死に直面した2歳半の息子が今年は仮装をしてハロウィーンを祝える--SNSに投稿された男の子のコスプレ写真とその物語が、同じく難病の子どもを持つ保護者らを力づけている。

 米地方テレビ局「WEWS-TV」(10月14日付電子版)などによると、オハイオ州カントンに住むスティーブ・モースさんと妻のブリタニーさんの2歳半のブラントリーちゃんは、数々の病気のために何度も生死の境目をくぐり抜けてきた。

 まず生まれたのが妊娠24週目、通常より4カ月も早い超早産で、体重がわずか765グラムだった。生まれながら脳性麻痺、ステージ3の腎臓病、慢性的な肺疾患、それに胃不全麻痺を患っていた。生後2週間の時点で、医師から「生存確率は50%」と宣告された。

 それから何度も集中治療室に運び込まれたが、ピンチを乗り切った。いつ亡くなってもおかしくない状態を経験した両親にとっては、ブラントリーちゃんの1日1日が贈り物で、季節ごとのイベントを祝えるのは何よりの喜びだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る