何度も生死の境をさまよい…2歳男児のハロウィーン晴れ姿!

公開日: 更新日:

 これまでに何回も死に直面した2歳半の息子が今年は仮装をしてハロウィーンを祝える--SNSに投稿された男の子のコスプレ写真とその物語が、同じく難病の子どもを持つ保護者らを力づけている。

 米地方テレビ局「WEWS-TV」(10月14日付電子版)などによると、オハイオ州カントンに住むスティーブ・モースさんと妻のブリタニーさんの2歳半のブラントリーちゃんは、数々の病気のために何度も生死の境目をくぐり抜けてきた。

 まず生まれたのが妊娠24週目、通常より4カ月も早い超早産で、体重がわずか765グラムだった。生まれながら脳性麻痺、ステージ3の腎臓病、慢性的な肺疾患、それに胃不全麻痺を患っていた。生後2週間の時点で、医師から「生存確率は50%」と宣告された。

 それから何度も集中治療室に運び込まれたが、ピンチを乗り切った。いつ亡くなってもおかしくない状態を経験した両親にとっては、ブラントリーちゃんの1日1日が贈り物で、季節ごとのイベントを祝えるのは何よりの喜びだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  2. 2

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  3. 3

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  6. 6

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  7. 7

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  8. 8

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    みずほFG元会長がNHK次期会長に “リベンジ選任”の仰天理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る